駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

いたいのいたいの そばにおいでよ

いま、よなか。仕事用のスライド作ってます、でも、そろそろやめますにゃ・・・・。背中がこってきた・・・・。

今日は、午前中、整体でした。

3回目、きょうでいちおう終了でした。

おもえば、ものを売りつけられることもなく、セクハラもなく、わりと安いほうで、3回でさっぱり終わって・・・・ネットで探してはじめて行ったにしては、いいところだったような気がします。

先週の今頃よりはずっとコリがなくなりましたし・・・・よかった・よかったと・・・

・・・客観的には、そういうことになるのですが・・・

・・・何事もなく、良かったね~と終わるのですが・・・・

・・・・痛い背中をねじられて、もっともっと 痛くされる、という、あの怖い一瞬、あの瞬間のことが、身体に焼きついて、なかなか忘れられません。男性の手、強くて巧みな力に、身体を「へし折られる」という、恐怖と欲望が、わたしを支配して離れません。

業務上だろうとなんだろうと 腹や 腰や 背中に 男性によって ちからをかけられる ということは 痛くて 甘くて 苦しくて むらむらして・・・・ほんとに・・・・恥ずかしいことですが・・・ふれられると それだけで いやらしいことばかり考えてしまって、苦しくなってしまいます・・・あのとき肋骨が折れたら、どんな気分だったろう・・・そんなことを考えては、身体が熱くなってしまい、冷え性が少し改善します。

痛いことが すきなのです。

痛くされたことが 忘れられないのです

そして 自傷よりは 誰かに痛くしてもらいたい・・・・

レーザーの脱毛エステも 痛いといえば痛いのですが 痛みが気持ちよくて はまってしまい もう脱毛すべき場所がないくらいです。

「心配しないでください 脱毛時の痛みがスキなんですから」 と エステの人に何度か言ったことがあるのですが わかってもらえたことがありません。

アシナガバチに刺されれば もうそれだけでセックスのあとのよう アシナガのこと 好きになってしまうし・・・・

駅員さん鉄道員さんはいうまでもなく・・・・?

たくさんの傷跡がいろんなところにあるけれど みんな いとしいものです・・・・

いたいの いたいの そばにおいでよ 愛してあげるよ 愛し合おうよ・・・・

猫に論文を書いてもらった。

今後のイベント情報です。

10月22日に蒲田オッタンタで、オムニバスCD発売記念ライブがあって、1曲だけ出るかと思います。そして11月20日はサルバドールナイト、あそびにいらしてくださいね。

======================

★神楽坂サルバドールナイト

日時:2011年11月20日(日)18時オープン予定

場所:KAGURAZAKA EXPLOSION(神楽坂駅1番出口出て少し右「清久仁」地下1階)

http://www.kagurazaka-explosion.com/access/index.html

Charge:1500円+1d(前)1800円+1d(当日)

写真撮影OK。フライヤー配布OK!

出演:

レンダ(音でトリップ歌ものユニット)

どぼるべ(ダブルギターの癒し系インスト)

Racco-1000 New Dance Ensemble(ダンスドラムリコーダーなどの多人数即興)

松岡宮(打ち込み系ポエトリーソング)

◆The Hottest Thursday2 CD 完成記念イベント

日時:2011年10月22日(土)20:00~

場所:蒲田Studio80(オッタンタ)JR・東急・京急蒲田より徒歩5~6分

CHARGE:1000円

http://studio80.org/access.html

===============================

白髪はいまこんな感じです。

右ばっかり・・・・右側を酷使しているせいかな?

人間の身体のおそるべき非対称性を実感します。