駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅員は立つ駅に立つ

駅員関連写真をいろいろみて思ったことは・・・

駅員は 群集や 電車や 何かの なかにいるときが とくに美しい・・・ということです。

駅員の美 というものは けっして単独で成立しているものではないらしい・・・

ゆきかう乗客が背景のように駅員を引き立ててくれる

動きのある虫たちの群れのなか

駅員を見つけるのはかんたんなこと

駅員の背筋は乗客のそれとはまるで違う

設計の発想が ちがうのだ

流れる水のような乗客と

流れない

柱のような駅員

スック

音がする

立っているだけで音が鳴る 駅員の背骨が音を出す

・・・月よ プラットホームが 見えるかい?

駅員が その場を守る というのは どんな気持ちなのでしょうか

 厨房を明け渡すまいと粘る 姑のような気持ち?

 学級を誰にも支配されまいと願う学級担任の熱いまなざし?

いや・・・どれとも違う・・・・ 

駅員の思いは とてもささやかで とても強く

乗客のだれとも分かち合えません

スック

スック

静かな音が響き渡る

赤い旗撫でた駅員の手袋

月よ 駅員を照らしてあげてください

駅員は群衆の中にいても

たぶんいちばん

孤独なはず

だから

最近なにやらバタバタしすぎて、すべきことをこなすだけで手一杯という感じで、わたしらしくないです・・・・明日はちょっとだけ休もうかなと思っています。

いろいろ告知させてください。

★2011年9月18日(日)東京ポエケットにブースを出します。

両国駅の「江戸東京博物館」1階学習室1,2にて、詩の関連グッズの販売会です。

今年は10時半~16時半くらい、入場無料。

販売グッズはCDR「松岡宮音源集 シャープペンシルの芯」CD「車掌もひとりぼっち」だけですが、メトロ文学館受賞作品、「ひどい大田区クイズ」など見て楽しめる展示をしたいと思います。

★2011年11月20日(日)18時ごろ?~ 神楽坂サルバドールナイト2011開催。

今年も神楽坂でがんばります。

松岡宮のライブは30分ほど、新作3作入れます(できるのか・・・・)。

ほかにも素敵な仲間たちがあれこれやってくれます。

観るというより今年は参加型に近いかもしれませんね、ごろごろしましょう。

撮影OK、フライヤーなど配布OKです。

出演:レンダ、Racco-1000、どぼるべ、松岡宮、ほか?

charge:1500円+1d(前)、1800円+1d(当日)

★10月20日リリース「蒲田Studio80(オッタンタ)アコースティックの日ライブCD」

蒲田オッタンタのアコースティックの日の参加者でライブCDを作ろうという企画があり、楽器もできないのに、なんとなく参加してしまいました。

楽曲は、

 Fra-Fra,Euro-Euro,TGV!(松岡宮&SHIN)

という、フランスのTGVをテーマにした作品です。

音階のある部分が多く、打ち込みのオケで歌っていますが・・・わたしの歌唱力は至らないナァ・・・と思わされます、SHINさんが歌唱力ありますので、わたしの声がよけいに、音程も、テンポもはずれているのがよくわかります・・・・しょぼん・・・・。

作品としては明るくて面白いものですので、多くの方に聞いていただけるといいなあと思います。

みなさんの作品も、独特の臭みのある「蒲田系」という感じがして、貴重な記録になっていると思います。

★プレタポルコCD「porconation」にBGM楽曲提供!

ハナケンゴのケンゴさん、が、進化して、黄色い生物プレタポルコになりました。

凹みちゃんの紙芝居のBGMを書き下ろしました。というかまさか採用されるとは思いませんでした・・・・。

17日深夜デカダンスバーのポルコナイトで売るという情報があります・・・行けない(;;)

ほかの作品も聞いて見たいなあと思うのですが、どうやって入手するのかな・・・?わたしもわかってません・・・。