駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ダイエットはひとりぼっち

フランスかぶれ。

100日間ほど ダイエットということで、生理周期と食事と体重と体脂肪率を記録しておりました。

また、微妙に少食にしてみました。

そのデータから思ったことを書きます。

・・・しかしわたしはダイエットとか栄養についてはまるで詳しくないので、おかしなことを書いていたらすみません。

★何を食べて肥るか痩せるか、は、人によって違うらしいことを、実感しました。

たとえば、夫とわたしではぜんぜん違うようでした。

★食欲や体重は生理周期にしたがうことが。わかりました・・・きっちり教科書どおりの動きをしておりました。

・・・生活の行動がこんなにホルモンに左右されているとは・・・・・わたしの機能はあんがい健康なんだなあ・・・と思いました。

★体重が増えやすいものは、炭水化物・塩分・・・のような気がする・・・

★体重が減りやすいものは、脂肪・蛋白質・・・・のような気がする・・・

ステーキに、あるいは唐揚げに、油をドシドシかけて食べると、体重が減りました・・・不思議。

★ダイエットする前も そんなに大食家でもなかったですけど 食べるものの量を ちょっとだけ減らしてみますと やっぱりそれまでは 食べ過ぎていたと わかりました 

水分も とりすぎだったかもしれません 

あまりたくさん食べないようにつとめ あまりドリンクも飲まないようにしたところ トイレの頻度も減ったし なにより この100日間 ほとんどG痢していません!! 

・・・G痢しやすかったのは 食べすぎだったんだろうなあ・・・・

排出の心配が減ると 排出に対し、 

ああ 無事に出てくれて ありがとう

とか

身体をめぐった水分のことを 考えてみると おしっこ様 おしっこ様 無事に還流し ありがとうと 感謝の意すら いだくようになりました

それがいちばん いいことでした

料理 とは 必要なのでしょうか

食べられないものは 食べられる状態になっていることが 必要ですが

それ以上の 味付けとか レシピとか 必要なのでしょうか

わたしには わからない

夫のつくる食事はいつも美味しくて

食べろ食べろとうるさくて

せっかくだからとせっせと食べると

美味しくて楽しい気分は一瞬で終り

あとはさみしい満腹感だけが残る 

この気分・・・前に感じたことがある・・・・

平日に家で仕事をしていると

夫が花見しよう花見しようと言って

なんとなく花見をしたのだけど

ちっとも楽しくなくて

仕事が気になってしまって

怒りと涙が止められなくなった・・・

 ・・・わたしに期待をしないでください

 ・・・わたしのために料理を作らないでください

 

って

よく よく 言っているのに なかなか 伝わりません

ダイエットは ひとりぼっちです