駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

たくさんのものに抱きしめられていた

けっきょく一日じゅう寝ていました←いつもどおり。

都心の鉄道はタイへンだったようで、鉄道関係者の皆様も大変な日々を過ごしているんだなあと思いつつ、家に閉じこもるくらいしか出来ないわたしです。

ひとまずネットで、@niftyの寄付をしてみました。へんな?壁紙もらえた・・・・。

車掌さんに会いたいけど・・・写真だけでがまんします。

電車に乗る、ということが、なんだかとても貴重で素晴らしい体験のように思えてきました。

そのとき、とてもたくさんの、あなたがたの手に、そっと優しく抱きしめられていたのか、わたしは。

運の良さに。

技術力に。

大きな胸に。

思いやりに。

いつも、何も考えていない、役立たずの、わたしなのに、たくさんのものに、抱きしめられていたようです。

はやく平常運転ができる日が来ますように。