駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

メトるメトロる

東京メトロの帽子は

ふしぎと そのかたちだけで

ああ メトロの帽子だ と

わかる

前の制服の ドゴール帽も やはり 目立っていた

地下空間だからでしょうか

目立て 駅員

目立てよ 駅員・・・・

ひまわり咲いて電車参ります・・・・

大きく

はでに

はなやかに

サボテン咲いて電車参ります・・・・

メトる

メトレば

メトロうか・・・

あっ 綺麗な お花が 咲いている

駅員の姿を 周辺視野にみつけ

ほっとする

帰り道

現代詩フォーラムにひさびさに詩を投稿しました(↓)

 父の棚

 父の台所の

 Aの棚には 海苔ふりかけが

 Bの棚には 鮭ふりかけが

 Cの棚には 玉子ふりかけが

 Dの棚には 海苔ふりかけが

 Eの棚には 鮭ふりかけが

 Fの棚には 玉子ふりかけが

 すべて開封され

 湿気にみちた苦笑を浮かべたまま

 そこにある

 父の冷蔵庫の

 Aの棚には コーヒーミルクが

 Bの棚には ヨーグルトについてくる砂糖が

 Cの棚には 業務用ポテトサラダが

 Dの棚には コーヒーミルクが

 Eの棚には ヨーグルトについてくる砂糖が

 Fの棚には 業務用ポテトサラダが

 すべて賞味期限をゆうに超え

 自信満々な顔をして

 そこにある

 父の住む家の

 それ以外の部屋の

 Aの棚には 本が山積み

 Bの棚には 本が山積み

 Cの棚には 本が山積み

 Dの棚には 本が山積み

 Eの棚には 本が山積み

 Fの棚には 本が山積み

 おい 持ってゆくなよ

 これからお父さん それ 読むんだからな

今日は出かけていました。仕事もいろんな立場でいろんなところに出向くけれど、それぞれの人の思惑があって、わからないものだなあと思います。どちらかといえば学問が先にあったような経歴のわたしですが、教科書に書かれていることは最大公約数の骨組みであって、その行間があるのだということを、日々、実感しています。仕事場のかたに、マツオカさんは45歳くらいでしょう、と、実際の年齢より7歳も上にみられました。アレがナニだと上にみられるようですね・・・かんろくかんろく。

明日もきつい感じですががんばって乗り切りたいと思います。

おやすみなさひ。