駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

メトロ文化展に入選しました

書き忘れておりましたが、メルマガ1月号、1月2日に発車しました。

添付した写真が面白かったようです。

そこにも書かせていただきましたが、メトロ文化財団の主催する「メトロ文学館」の詩のコンテストに応募したところ、なんと、入選したというお知らせを頂きました。

詩で賞をいただくのは、もしかして初めてかもしれません。

しかも鉄道系。ほんとうに嬉しいです。

以下の日程で、日本橋駅に掲示されるようです。期間中、日本橋駅にお立ち寄りの際はごらんいただければ嬉しいです、わたしも行きますー。

「駅員」とか「おしっこ」とかは登場しない詩ですが・・・・。

===============================

★メトロ文化展「写真の部」「文学の部」★

2011年1月15日(土)~1月24日(月)東京メトロ日本橋駅構内にて

写真の部は昨年10月16日(土)に第27回メトロ写真教室・撮影会での撮影地

「浅草・向島とその周辺」の参加者が撮影した作品を展示、「文学の部」では、

第12回募集分の作品の中から入選作品「詩・20編」等を中心に展示します。

(TOKYO METRO INFO 2011年1月号より)

http://scope.metrocf.or.jp/gallery/bk_index.html

================================

感謝の気持ちをこめて、今となってはレアな、緑色の「営団駅員」画像を引っ張りだしてきました。

こんな色の駅員がいたなんて、びっくりしますね。でも、暖かくて、優しい色合いです。

ジャケットの色もさることながら、帽子の形もすごかった・・・・。

日本にいると、なんか勝手に「パリの駅員っぽい制服」だなんて思っていました・・・パリを知らなかったようです、お恥ずかしい・・・。

お人形さんのような制服は、駅員の存在をはっきり知らせ、暗い地下空間を明るくいろどってくれました。この制服を着ると、精神的にも肉体的にも「俺は営団だあ~」って気持ちになったことでしょう。

そんなわけで、営団東京メトロに変わり、緑色の制服は紺色になりました。

東京の大切な地下鉄であることに変わりはなく、路線別カラーを楽しみながら、今日も乗っています。

ありがとう東京メトロ

ところで・・・

ブログサイドバーにamazonアフィリエイトを貼り付ける方法がやっと判り、自分のCDとか貼り付けてみました。

また、少しサイドバーのレイアウトを変えました。

今後、いろんな商品を貼り付けるかもしれません・・・ご容赦くださいませ。

いみのないひとこと集

★夫婦の放屁はどうあるべきか(Fu-fu, Ho-hi)

★手を洗うことを学ぶのでなく、手を洗わなくても死なないことを学ぶべきだな わたしは・・・・。

ベビースター4ふくろ食べてしまった。10袋あったらそれもぜんぶ食べていたと思います。

★フローリングの雑巾がけの頻度はどのくらいが適度なんだろう・・・・。