駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

おはようございますの駅から

今日はアルバイトなので

朝食のために立ち寄ったカフェから更新してみます。

電車の中で思った

眠気とはなんだろうか

わたしは常に眠気あるいは不眠に悩まされてきた

夜型だから とか

低血圧だから とか

自分を納得させてきたが

やはりある種の 能動性が 自分には欠如していたのかもしれない

小田急の車内で

眠れ眠れと

スマートな車掌が すすきの魔法をかけるよ

小田急は みなさまの小田急は こんなに安全

乗客の皆様は 何一つ考える必要はありません

牙を抜け

牙を差し出せ

そしてこの 小田急車掌の 薄い胸に よりかかるがいい・・・・

そんなふうに能動性を失った電車のなかで

小さな穂たちが 眠る 眠る

おだきゅうあんしん、眠る 眠る・・・

そんなふうに もがれてきたのだわ

なにかが ないものだと 思ってきたのだわ・・・・

そんなことを思ったのは

さっき なぜか 隣に酔っぱらいが座り ワンカップを飲んでいた・・・朝の 電車なのに・・・

なんか嫌で ああ嫌で おそろしくて・・・

ノードーセイ!

かなりしゃっきり

目覚めてしまいました

この世界が警戒すべきだということを思い知らせてくれた 酔っぱらいに

感謝すべき、か?

殴り書きですみません。

バイト頑張ろう・・・・・。