駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

旅行用のトランクカートを買いました

前の記事は、いきなり上野駅から更新してしまいました~。

IS01、さいこう~(←しつこい)

スマートフォンを持つと、もう持つ前には戻れませんね・・・・。

上野にカフェなんて、いくらでもあるのですが、上野駅というのは駅という言葉のもつざわざわした雰囲気がぴったりなので、せっかくだからと駅カフェに行ってみたのです。

上野は旅人が多く、そんな旅人でざわめくなかに、黒くてジェントルな駅員さんがたくさん立っています。こんな、異邦人が行き交う駅だからこそ、駅員は駅員らしく、輝くのです・・・ええ、お客さん、なんでも、なんでも、聞いてください、あいきゃんすぴーくいんぐりっしゅ、えぶりばでぃ、おーけー、カバンのお店は知りませんが・・・・と、そのつややかなまなざしは、黒雲母の輝き、駅員の深い海、旅人を包み込むようです。

旅行用トランクカートですが、アメ横ガード下のお店でいろいろ見ていたら、店員のお姉さんが親切だったりしたので、そこで買いました。小さくて(33リットル)安い(5000円ちょっと)ものです。海外旅行としてはちょっと小さいのでは・・・とアドバイスされましたが・・・大丈夫かしら。

カートを引きずって帰ると、駅員さんがこっち見ている気がしました。危ないなあと思われたのかもしれません。たしかにちょっとホームでは怖い感じですね。気をつけたいと思います。

フランス語もちょっとだけ勉強中です、しる・ぶ・ぷれ(←これだけ)。