駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

閉所のなかの閉所

あっ

ダダダダダダー!

ホームから滑り出した直後に急ブレーキをかける京浜東北線

混雑した客の心拍が波打つ

波立つ

・・・ただいま 緊急停止信号を受信しました・・・

・・・安全の確認が取れるまで しばらく お待ち下さい・・・

波立つ!

・・・わたしは閉所恐怖なのだ

けば立つ!

・・・・心拍は瞬殺の手前

すぐ すぐ ガラスの向こうにホームがあるというのに

ここ 閉所だ!

息が苦しい・・・・

こんなとき わたしは実感する

わたしたちは車掌の手のひらに握りつぶされて

いる

10両編成の電車のなかを見えない車掌が走りぬける 右に 左に 

わたしの身体がわずかな単語で震えたり震えなかったりするのを感知する

車掌はそうさ やってくれている やってくれている

JRを信じて 待ち続けるだけさ・・・

(・・・実は こんなことが起こる予感がして 直前にトイレには行っておいたのだった・・・あーよかった・・・・意外とわたしの勘があたったようだな・・・)

しかし尿意はなくとも閉所はきびしい・・・そんなときのための薬をなめて、うう苦い、アナウンスはまだない、意識を落とせ、身体しびれる、いや しびれるな、うんこ・・・なんて感じるな、うんこ・・・そんな言葉、消滅せよ、物体になるか 意識になるか・・・生意気にも 自由のない身分で 意識など持ったことがきっと 間違いなのでしょう・・・車掌 いろいろと わたしのために 心を砕いてくださってありがとうございます 車掌 その圧倒的な支配力で わたしが無力であることを 教えてくれて・・・ああ、閉所・・・ アナウンスはまだか・・・瓶の内側で膨らむわたしは きわめて無力 暴れだしそうだ・・・

・・・不謹慎かもしれないが チリの鉱山事故を思っていた・・・ あの方達は本当に よく耐えたものですね ・・・いま JR東日本を信じるしかない ここにいるよと教えたい ・・・衆人環視の瓶のなか 指令も何もかも 乗客がここに閉じ込められていると知っているはず・・・知っている けど フタをすることができるのが人間 フタをするとき心痛むけど 時間がたてば痛みをすぐに忘れるのも人間・・・・だなんて そんなことを考えてはならない・・・信じれ!わたしを救い出す車掌の胸を信じて ただ ただ 待っている・・・扉を閉めたままホームに停まった電車のなかで 呼吸をしながら 待っている・・・

・・・・・・閉所とは 単に閉ざされているというだけではない 閉じている人が そこに たくさんいるから 閉所なのだ・・・

・・・ああ・・・開きたい 座りたい 歌いたい 握手を交わして 微笑み交わして 名刺交換して ハグをして 名前をよんで欲しい・・・だけど 混雑した京浜東北線内では 誰もが他人であり 他人であり 他人すぎて 閉所のなかの閉所 わたしこそが 閉所のなかの 閉所だったのだ・・・

・・・ここから出られる身分でもないのに 意識を持つなんて 生意気でした ごめんなさい ・・・

やがて 安全確認が取れましたとの車掌の声 14分遅れで京浜東北線は進みます

閉所14分。

そんな目にあって やっとのことで感じた

動く電車はありがたいな

それがどんなに緩慢であろうと

つつがなく動く電車はありがたいな

そして 電車はかならず動く だって JRの車掌さんが 見捨てないからさ 乗客のために 無力なわたしのために 腹部の痛みのために 生まれたての赤ん坊のために 一生懸命 走り回って くれるのさ・・・

なんか 不思議だけど 今夜の経験をへて かえって これから 閉所に強くなれそうな そんな 気がした 

希望的観測です

今日は、9月の神楽坂イベントに出てくださった、The Hummingbirdsのアイマユミさんと、マルチクリエイターの「くりすて」さんとお茶しました♪わたしのワガママで、銀座itoya最上階のティーラウンジに行きました、狭くて申し訳なかった・・・でもitoya大好きで、こころ癒されます(みなさん、わたしの愛するitoyaにつきあわせちゃってごめんなさい。)

くりすてさんは、絵も音楽(編曲など)もウェブ作成もなんでもこなす、マルチなお方です→

どんな縁かといえば、@niftyのオリジナルミュージックフォーラム(FMIDIORG)つながりです。90年代はとくに、詩のフォーラムの歌詞会議室やFMIDIORGではひとつの作品をじっくり皆で作り上げるといった創作工房のような雰囲気があって、みなさんとてもクオリティの高い作品を仕上げていました。くりすてさんや、アイマユミさんと話していたら、あの頃の、創作が楽しかった頃の気分を思い出しました。自分が曲を作るようになるなんて・・・・そう考えると本当にいまは幸せだなと実感しました。アイマユミさん、くりすてさん、ありがとうございました。

メルマガ11月号、今朝、発車しました。フランス、山月記ズーラシア、もろもろですね~。

明日仕事があるとばかり思ってましたが、祝日だということにさっき気づきました。