駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

吐くな の 魔法

あれは 日付が変わる頃だった

井の頭線を降りたときに

前を歩いている人が

突然 ぷしゅわっ!

嘔吐したのだ

sha!水の花火はギリシャの空へと舞い上がり

sha!それから渋谷区のホームに舞い降りる

嘔吐者の運命はふたつに分けられる

before 嘔吐 と

after 嘔吐 だ

たまりにたまったエネルギーが火山を動かし爆破する、

ああ 黄色かったな・・・

黄色かった・・・

ふふふんふん・・・

じぶんがホームの床を汚したことに酔っ払いは気づかない

いたって平気な顔をしているおじさん

歌でも歌うように

お気軽に

嘔吐したのだった

それは都会ではよくあること

吐瀉物のとなりで本を読むひと

ゆきかう駅員はもう 満員の客を乗せるため 吐瀉物どころじゃない騒ぎ

東京では良くあることなのでしょうか

嘔吐によって和やかになる

なんてこと あるのかしら

帰りの電車で考えた

だけどわたし 嘔吐だらけの世界では 生きられないわ・・・

がたん ごとん・・・

ここにいる人の多くは酔っ払っている

before 嘔吐 な 普通の ひとびと・・・

確率の 海が 嘔吐中枢を ただよう 危険な 水爆弾の 乗客たち・・・

あなたの確率は?

あなたの確率は?

と たずねて廻りたい 気分

お願いします どうか噴水吹き上げないで・・・それは連鎖するから・・・どうか嘔吐しないで・・・わたしだって嘔吐が起きたら 自信がない・・・連鎖のディストーション 手つなぎのセグメンテーション・・・わからない・・・わたしまで嘔吐したら それはTQ線の 終りでしょう だから わたしが祈り続ける 守り続ける この車両が すっぱい地中海に ならぬように・・・吐くな 吐くな 泣くな 吐くな・・・風船は家まで持って帰れ ほうせんかは大事に庭で育てよ 怒鳴りたいときはゴミ箱のなかに・・・ああ、吐くな・・・吐くな・・・駅員の 涼しい顔に向かって あの白い手に向けて 駅員の しらけたような無表情で たんたんと 掃除する腰に向かって 誰も 吐くな・・・今夜わたしがすべての酔っ払いの口を塞ごう・・・吐くなの魔法を・・・吐くなの魔法を・・駅員さんの綺麗な制服を守って!・・・・駅では・・・吐くな・・・・。

今日は仕事のあと、小心ズのヤノミちゃんの帰国を祝う飲み会に行きました。ヤノミちゃんとは何年ぶりかな~という感じでしたが、ちゃんと日本語しゃべってました(笑)あ~よかった。ごはんおいしかった。

小心ズのお花いっぱいの衣装とか見ると、気分も明るくなるし、衣装やメイクで精神まで変わること、あるんでしょうね~~。いろんなパフォーマーさんと出会うのは刺激を受けて楽しい♪洋服にあまり関心なかったわたしも、先週のサルバドールナイトでは、古着屋で買った男性用チョッキを、自分サイズに直したりして、少しずつ衣装にも意識が向きつつあります。

ヤノミちゃんに御土産までもらってしまった!くまさんのメープルシロップ

ホットケーキにかけていただきましょう~。

ありがとうございました。

わたしもがんばろう~という気持ちになりました。

わたしもがんばろう~。