駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

美しすぎる偽駅員と汗を流す本物の駅員

こっこっこれは・・・・

美しい、美しすぎる、JR東日本の、駅員・・・・

・・・しかし、わたしの何かが、つぶやく、

・・・これは、明らかに、偽駅員だと・・・・・

・・・なんだか 制服が 似合わない 顔だ・・・・

ああ、制服だけは、偽ではないのに・・・・というわけで、顔そのものにはあまり萌えず、制服に萌えてしまいました・・・・あまり自信ありませんが、三浦春馬さんとかいう俳優さんですよね・・・・ほんものだったらいいのに・・・・・でも、駅員のもつ清潔な美しさや、穏やかななかにも凛とした強さ、たくましさなどを感じさせてくれました・・・・・。やっぱり、かっこいいのは、駅員さんなるもの・・・・三浦さんも、駅員にあこがれているのでしょう、はるかな空に手を振る駅員のイメージを目指して伸びる若い芽なのでしょう。いいポスターでした。別カットもありましたよ。

★追記

JR東日本のサイトに「MY FIRST AOMORI」という特設サイトがありました。

http://www.jreast.co.jp/myfirstaomori/index.html

やはり三浦春馬さんという俳優さんでした・・・・東京出身で青森につとめる新米駅員という役柄・・・。かっこいい、というか美形なのだろうけど、髪の毛に帽子のクセがついていなかったり、なんというか、表情のひとつひとつに、こんな駅員いないよ~という思いをあらたにしました・・・しかし、そうは言いつつ、幼女と座っている写真はフクラハギあたりのシワがいい感じですね・・・・駅員がこういうふうに座っている姿の写真なんてめったにないのでちょっとドキッとしました、ありがとう、春馬。

旬の俳優が駅員役をやるというのは、いま、知られざる駅員ブームが訪れているのかもしれませんね。

さて、ある大きな駅の、大きなトイレの前の、大きなロッカーで、悪戦苦闘する駅員を見ました。

若くて、背が高くて、細身の駅員。

どうやら、客の持ち物のなにかが、ロッカーの後ろに入り込んでしまったようで、なんと安全拾得器(マジックハンド)を使って駅員がそれを取ろうとしていました。

マジックハンドは、線路に落ちた場合ばかりではないのですね。

後ろで応援するのは、頑張れ!頑張れ!と踊る、持ち主とおぼしき、おばあちゃん。

・・・ああっ!取れないッ!・・・

いらだつ駅員、帽子をガっと取って、ロッカーの上に置き、髪を振り乱し、また作業に取り掛かりました・・・。

(帽子を床に置かないところが、さすがです。)

そしてわたしはトイレに入り、用をたし、ゆっくりゆっくり、トイレから出ると・・・・

まだまだ、拾得作業に苦しんでいる、駅員。おばあちゃん、いつまでも、頑張れ・頑張れと踊っている・・・夕暮れが来た東京で、ああ、もどかしい、すぐそこに、取りたいものはあるのに、隙間が細すぎて、取れない、取れない、くるしい、観客が集まってくる、駅員、大きな駅で、めだつ、駅員、ああ、影だけが見えている、あの、だいじな、たからものを、駅員、取らねばならない・・・祈りをはじめる、駅員と観客と、おばあちゃん・・・・

雨ひとつ。

そうして時間が過ぎ去りました

おばあちゃんと駅員と たくさんのオーディエンスの祈りが通じたのか

3日間 飲まず喰わずで作業した 駅員の身体は 

千円札のよう 薄くなりました

ひらひら薄めた、ジェイア-ル・・・

ひらひら薄めた、ジェイアール・・・

雨 のち 晴れ のち くもり のち、雨・・・・

駅員の指が何かに届く、

あっ ぼくは 何かを いま つかんだ・・・・

そう、駅員はついに マジックハンドではなく 彼自身の薄くなった腕で

ロッカーの後ろの拾得物をゲットしたのだ

その瞬間は開始より72時間後のことであった

紙のように薄くなった駅員の腕に

たしかに拾得物は くるくると つかまれていた

よくやった!よくやった!

駅で見守っていた観客の間に起こる拍手

そうなんです そうなんです 用途に合わせて 身体を変形できるのが そう 駅員なんです・・・・

駅員はそうつぶやくや否や

台風の風に飛ばされて

戻ってこなくなった

おおい、駅員、どこいくの?

でも

良い

笑顔だった

そんなわけで今日は何をしたのかな・・・。

ICレコーダーの修理、クリーニング、そして、最近関心のある、代替医療についての本を読みました。面白かったです。近代医療の歴史について最近いろいろ学んでいます。

明日は臨時でアルバイトがあります、頑張らないと~。