駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

はちのこ★でりしゃす

前に、幼虫がいなくなったのかな?と書きましたが、そんなことはなかったです。 このときはちょうど、ランチタイムだったのか、幼虫がウネウネと出てきていますね。元気な幼虫に、働き蜂さんが、がんばってご飯をあげています。 うーん、ほんと、遺漏なく、きちんと仕事しているようで、ナマケモノのわたしからみれば、ほんとうに見習うべき存在です・・・ハチってすてき、幼虫育つといいですね。 ・・・ところで、わたしの本籍地である長野では、蜂の幼虫を美味しく食べる珍味があるといいます。ハチノコ、その存在は前から知っていましたが、スズメバチだけでなく、このアシナガバチの幼虫もハチノコとして食されることがあるようで・・・・かなり美味しいようです・・・いためてよし、生でよし・・・・・ネットで調べてみると、滋養強壮、美肌のため、耳の聞こえを良くする・・・もちろん美味・・・など、ありとあらゆる良いことが書いてあって・・・・・よ よ よ よ よだれが出そうです・・・・ ・・・なんて考えてると、撮影時に襲われそうなのでほどほどにします。 ・・・いつかは食べてみたいです・・・・。 そんな感じで、仕事したり久々に図書館に行ったりして過ごしました。まだまだ、わたしは知らなくちゃいけないことが、いっぱいあるなあと思います・・・がんばります。 ♪