駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌も風のように吹かれて、6月

写真と本文は関係ありません。

6月1日

JR東日本の車掌の制服が薄着になった

車掌は上着を脱ぎ捨てて

少しだけ 羽のよう 身軽になった・・・

緩男(ゆるお)

と 名づけられた車掌を見た

緩男(ゆるお)車掌は神経質で繊細な性質を持っていた

半袖の腕はいつも

ピンとまっすぐに伸ばされていた・・・

その表情はいつも硬い

 わたくしが 少しでも 気を緩めたら・・・

 何かが 何かが 起こってしまうので・・・・

モニター確認 指差し確認 

緩男の指毛が風に踊る

酒でウサバラシするの 嫌いでしょう?

 ええ・・・人生でいちども癒し系といわれたことがありません・・・

車掌の緩男(ゆるお)は 

けっして 気を緩めることが なかった

あなたに緩男と名づけた親のこころを知ってか知らずか

まあ えてして そういうものですが

名前とは逆に 育つ ものですが

車掌の緩男は 背筋を伸ばして

今日から夏服!気が引き締まります!

針!爪!

その背筋はまっすぐな太鼓の皮のよう

はり! つめ!

叩いたら高い音が出るのでしょう

ドアをバタンと閉めて出発

残響は不安と同じ音、バアアアアアン・・・・

・・・だいじょうぶ だいじょうぶ

何事もないように

ないように

祈りながら

きのうブログを書けなかったのは、DVDで「ヒトラー」というドラマをずっとみていたせいでした・・・。ねむれなくなりました・・・・今日は「カッコーの巣の上で」を見る予定です・・・。ねむれなくなりそうです・・・・。

わたしはふだんあまり映画をみないほうなのですが、時々見たいなあと思って、たくさん借りてしまいます。先日、鉄道仲間さんよりジブリも薦めていただいたので、見てみようかなと思います。

メルマガは、ちょっと今日は遅くなってしまいましたので、あしたの夜ごろ発射しますね。

今日はアルバイトでした。よき仲間に恵まれつつ、なかなか自分の実力が至らないなあと思うばかりです・・・。あまり関係ありませんが、最近わたしより少し若い30代前半くらいの女性のキャリアの相談をよく受けます・・・が、わたし自身は「お昼寝できる仕事がいい」という程度の認識なので、まったくお役にたてません・・・。逆にわたしが、仲間たちの大胆な人生設計をみて、「ああ、そんな生き方も素敵だなあ・・・」って刺激を受けています・・・。

お弁当も復活しました。今日はちょっとがんばったつもりです。明日もバイトなので、頑張ってお弁当を持ってゆこうと思います。