駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

少女水(しょうじょすい)

f:id:miya_ma:20100601235436j:image

「女子会」という言葉はイヤだ、イヤだ、イヤだ・・・・

だけど女子という言葉には あまく 引っ張られる

女子 女子 おいで 女子よ・・・

こっちのみずはあまいのですよ・・・

デパート1階化粧品売り場で 7500円で売っている

少女水

少女はひとつの理想系です

少女は完璧な あるべき姿 なのですから

 20代女性たち

 30代女性たち

 40代女性たち

 50代女性たち

 60代女性たち

 70代女性たち

・・・ああ まだまだ続く・・・・

 80代女性たち

 90代女性たち

 明治生まれの女性たち

 少女のように というよりは 少女にならねば と思いつめ

きらきら

あらゆる女性たちが滝を登ってゆくよ群れをなして

あらゆる女性たちが縄を昇ってゆくよ ときどき落ちてしまう人もいるというのに

身体を削ってお天気予報

西からの風10メートルです

・・・りそうのかたちになれないのなら死んでしまったほうがましだわ・・・

ゼロか100か の

一か八かの

・・・しゅじゅつしてくださいわたしのいたらぬところを・・・・

・・・明後日以降なんて考えたことがないわ・・・

少女吸い

少女喰い

女性は少女を喰いちぎります

あの ぴんとはりのあるその肌の 深海パールなキミのヴァージン 後ろの穴は一輪挿し

いちどよごれたらもうおしまいなの

なにしろ交換は未開封品に限ります

封を切ったらもうおしまいなの

新しくないものになってはいけないの

まあたらしいものでいなくてはいけないの

少女を消費しているのは たぶん女性も同じことです

すくなくともわたしは少女を目指しているのだ、あなたもきっと、そうでしょう?加齢なんて、音がしないでしょう?

からだをめちゃくちゃにする感じが好き

熱したアイロンで髪の毛を巻き上げ

むちゃな回転、レコードの針、嘔吐で時間も戻せたら・・・

と そんなわけで

ちゅうちゅう少女水を朝・昼・晩飲んでいます

にくい/かわいい/かわいい/にくい/

肉食獣のおまじない なの

ひとびとは少女を消費しながらそれがまるで動物愛であるかのように

ひとびとは少女を消費しながらそれがまるで人間愛であるかのように

北壁から朝陽が差し込んでくる鏡の部屋で息を止める、わたしをみているわたしがみているわたしをみている、合わせ鏡の真ん中で、ためいき、

だって

傷があったらもうだめだってあのひとが言うのね

素晴らしいひとだと思っていたがあの発言でもうダメ、見捨てた、絶交。

わたしのこんなほくろも傷もきっときっときっと

ダメ、ダメ、ダメ。

そして飲み干す少女水。

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、こんなんじゃ、ダメ、を、紙袋にたくさん入れて

タクシーで飛ばす

銀座の松牛デパート

まで

お願い