駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

京急フライアウェー!

先週、蒲田あたりが高架化された京急上り電車に乗りました。

前の記事でもありますが、高架化される前の六郷土手付近・・・こんな感じでした・・・・電車が低いほうに吸い込まれてゆきます・・・

そして、高架化のあとは、たしかにこの左に登ってゆきました・・・なんかとても感動しました・・・やっぱりこういう写真を撮っておいてよかったなあと思いました。

・・・ああ・・・・上り電車が昇ってゆくよ、運転士、あなたとともに、天に昇る、いま、蒲田はいちばん天に近い場所、だから天空橋なんて駅名もある・・・すれ違う(すれ違わない)エアポート快特の車掌が「まもなく蒲田、通過しま~~す♪」なんて歌っているのかしら、この上り列車はいま、運転士のたくましいハンドルさばきによって、蒲田というエクスタシーに向かって登りつめる、運転士の首筋もこころなしかまっすぐに高くあげられ、誇らしく、空を駆け抜ける、京急、高架化、なんとすばらしい・・・・

降り立った蒲田は、もう別の駅みたい、綺麗でした。

それにしても、もともとスピード感のあった京急、ますますスピーディーな印象を受けました。すばらしい京急、しばらく目を離せませんね。

毎日何をしているのか、夜になると忘れてしまいます。たぶん、クライアントさんや生徒さん、仲間たちと、宝物のような時間を過ごしていました。

6月27日のアイドルイベント用の曲をいじくっていますが、ループ素材を入れたら、なんかすごい新しい感じになりました、ズンドコ・ズンドコ。すべてを打ち込みで行うわけではありませんが、わたしが行う予定の5曲のうち、3曲が打ち込みになります。

マドカさんに言われているのは、とにかく気負いすぎないということ。遊び感覚で楽しく行いましょうということ・・・・というわけで・・・最初はあまりお客さんの前でアイドル曲を演ずる自信がなかったのですが、作っているうちにやはりライブ魂がメラメラと燃え上がってきました・・・・あああああ、よろしかったら遊びにいらしてください。お客さんからもたくさん発言していただければと思ってます。

★80年代女性アイドルイベント(美季マドカ&松岡宮)★

2010年6月27日(日)13時~15時半

場所 NextSunday(阿佐ヶ谷駅徒歩5分)

チャージ  500円+1ドリンク(500円)