駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

朝帰り/TOMさんライブ/駅員ニュース

今年の黄金週間は、あちこちに出かけて、いそがしい日々でした・・・・・。 ほんと遊びほうけて、あまりに仕事をしていないので、そろそろ仕事がしたい・・・・という気分になっています。遊びすぎて、もう遊びたくない・・・・・明日は事務所にスタッフが来るんだった~と、さっき思い出したところです・・・。 たくさん出かけたので、電車にもたくさん乗りました。山手線をはじめ、どの電車もすいていて、ラクちんでした。スムーズに走っていました・・・・鉄道員さんありがとう。 そういえば「柱に座る若者」というのも、あちこちでみました。 わたしがあそびほうけているときも、出会うたくさんの駅員はお仕事中なんだなあ・・・JR東日本の駅員は、みなキッチリと黒い上着を着こんで、HAHAHA連休後にひっそり旅行に行くんだぞ俺は!といったような、クールなふぜい。そういえばもうすぐ駅員の黒制服がグレイにかわりそうですね・・・。 ★ 連休後半は、時間をみつけて仕事場で書類を作成しつつ、中目黒でひとりカフェしてみたり、詩人さんに電話で呼び出されて、詩人の奥主榮さん・白糸雅樹さんの家にお泊りしたりしました。あまり夜遊びをしたことがないわたしは、詩人の家に泊まって芸術論を戦わせて夜が明ける・・・・といったことをしてみたくて、お泊りしてしまいました・・・・でも、芸術論を戦わせるほどわたしに教養も体力もなく、野菜たっぷりのお料理を作っていただいたり、詩の共同作を作ってみたりぺヤングをごちそうになったりしてマッタリすごしたのでした・・・・・・・・お世話になった皆様ありがとうございました。 そして夜明けとともにモウロウとなりながら帰宅・・・・・ 朝帰りです。夜明けのステーション。 関係ありませんが、西武の岸投手。 けっきょく徹夜だったので(※人の家でなかなか眠れないのです)、家で休み・・・・そのあとは、TOM★CATのTOMさんのLIVEに行きました。TOM★CATは、あのころ、すごく流行っていて好きでした、今にして思うと、いろいろなあやうさを秘めた雰囲気の楽曲が多かったように感じます・・・・・男性でも女性でもなく・・・時代に沿うでも逆らうでもなく・・ときに暴力的だったりナイーブだったり・・・・・悲しいばかりでもなく楽しいばかりでもなく・・・そんなイキイキとした作品性に、本能的に惹かれていましたね。 ライブは国分寺モルガーナ。乗り換え三回、意外に遠い・・・・。 TOMさんはギターの方と一緒にキーボードの弾き語り。THE MOTHERというバンド時代の曲が多かったようですが、精神性を感じる詩と、メロディアスで映像的な曲やアレンジ、そして力強さを増した声と、若い頃と変わらぬ声の質感、とても素晴らしかったです。ちからをかんじます。さざなみのようです、ほんと、作品がみんなとても良いのです。こちらでダウンロードできます→ そんな感じであそびほうけた黄金週間でした、仕事にもどれるのだろうか・・・・・・・それにしてもメルマガどくしゃのみなさん、例の件ほんとうにすみませんでした。 ★ 駅員関連のニュースがネットにいくつかありました。 ★ 「当直のつらさ…駅員が二度寝(以下略)」 >この日は4時10分にいったん起床したが、5時前後に事務室のイスで再び寝てしまったという。 うわああああ・・・・駅員、イスで寝ちゃうなんて、どれだけ眠かったのでしょうか・・・・制服まで着こんで、イスで熟睡、そのとき、ネクタイが動いた・・・・・・・・なんとなく他人事とは思えず、気の毒に思えてきます。 ★幼児向け「イコカ」 JR駅員が手作り ・・・という、ほのぼのとした美しい話もありました。 こういうニュースを聞くと、駅員さんというのはルールに書いてあることをするばかりでなく、思いやりで行動したり、ユーモアがあったり、生きて鼓動する人間なんだなあ~~~と、ドキドキしてしまいます。子供たちも、夢を与えてくれた駅員の魅力が忘れられないことでしょう! ♪