駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

イベント「合流注意」@Cafe&Livespot FJ's

土日は仕事~でした、じぶんに、おつかれさまさま。

別に仕事はぜんぜんいやじゃなく、やりがいを感じておりますが、クライアントと可能なかぎり長い年月、そばにいる、ということが仕事の本質だとしたら、それはセラピーでもリハビリテーションでもないなあ、ではその職務とはナンダロウ??などと考えておりました。

さて、仕事を終えたあとは、祐天寺の「Cafe&Livespot FJ's」(ピアニスト深町純さんのお店)で、テルミンの大西ようこさんがインプロ的イベントをされるという案内をいただきましたので、それを観にいきました。

祐天寺というのは近いようであまり行ったことのない駅です。FJ’sはちょっと駅からは歩きますが、道路にガラスで面した開放的なカフェ。ちょっとポエトリーで有名なベンズカフェにも似た雰囲気で、でも意外に広くて、とても雰囲気の良いところでした。

ギターとチェロとテルミンのインプロ的なものでしたが、それぞれの方の波長があっており、きれいにまとまっていました。でもテルミンのようこさんなども、きっとやっているほうは神経使うし大変だろうなあと思いました。インプロは、ときに聞き手もとても感性や集中を要求されるものがあり、聴き手も疲れ、そしてそれがインプロに参加する醍醐味であったりもするのですが、このイベントは飲食もあるカフェということもあり、ふつうのインプロよりも和やかで緩い、アットホームな感じがしました。

そして特別ゲストの、ぷらさん、も、わたしのイベントでもしばしばご出演くださっておりますが、本職は歌なんだ~と主張されていたとおり、素晴らしい声を披露してくださいました。「茉莉花」という歌、テルミンにギターが入ると、なぜか甘~くステキな雰囲気が加わります。そして、ぷらさんの朗読、「~花から先に実のなるやうな~」と始まり、すぐに「おお、高村光太郎だ」と感じ入って、すごい聞き入ってしまいました。

深町さんのピアノも・・・・やっぱりピアノってのは音が強い楽器で、支配するなあという印象を持ちました。音楽ってなんだろう、音楽未満の音楽というのもあるのかしら、そういえば梅島の下町ポエトリーも今日だなあ、インプロしたかったなあ・・・・などと思いました。

ほかの小さなネタ、いろいろ。

アシナガバチの巣が、1つだけでなく、どうも4個作られ始めているようです!大変だ!

○髪の毛ってすぐに伸びるんですね~。もう束ねられるくらい。自分では今ぐらいの長さ(肩より少し短い)が気に入っていますが、またドンドン伸びてしまうのでしょうね。

○ auスマートフォン欲しい!!ですが、音楽アプリなどが揃う来年ごろまで待ちたいと思います。

○3年ぶりくらいに実兄と電話で話した。生きてた。

○また運動しなくなってしまった・・・・。このままでは、ぷよぷよのばよえーんになってしまう。