駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

写真のデジタルデータ化をしています

昨年の今頃、外国に嫁ぐ友人が、自分の持っている写真をすべてスキャンしていたことを、きのうのように思い出します・・・。ぎゅ~ちゃん・・・・元気ですか! いつも、写真というのが意外とカサばることや、取り出しに不便だということを感じています・・・・で、わたしも写真をスキャンしてデジタルで保存しようと思いました。 で、きょうの仕事を終えてから取り掛かっているのですが・・・・ 終わる気配がないです・・・ 写真、多すぎです・・・・今夜は事務所にお泊りです・・・。 多すぎってのは、やっぱりそれだけ、一枚ずつに対しては愛着が足りないのかも・・・。 でもスキャン作業していると、懐かしい写真が出てきたり、あるいは、わたしの人生ってこれだけなんだなあ・・・と、みょうに限界を感じたりします。 これまでスキャンしたもののなかからいくつか掲載してみます。 9年ほど前かな??東京メトロ南北線のどこかの駅で、七夕ごろ。 「お客様の幸せと安全を願って・・・・」 ・・・七夕に願うのはお客様の幸せ・・・・ ・・そんな、駅員さんの優しさを感じて写真に撮ったのかもしれません。 これも9年前くらいでしょうか。 いつも優しい小田急の駅員が、自分ひとりで乗客の幸せを背負ってしまおうとしている!! 古きよき小田急のイメージです。 これはサイトにも掲載していた写真です。 駅員イラストを集め始めるきっかけにもなった絵です。 たしか、これをお書きになったという駅員さまより、メールをいただいたような記憶があります。イラストもお上手で、なんか雰囲気の良い職場なんだろうなあと感じさせますね。すばらしい。 どうでもいいことですが結婚式から今日でちょうど10年でした。 よくもちこたえました(相手が)。 ♪