駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌のスリットは背中にある

以前、京急電車のスリットについては記事を書きました→「箱根駅員

スリット入りの京急の車掌

隙間からフフっと微笑がのぞく

たぶん車掌のスリットは背中のあたりにあるだろう

五月のさわやかな風にそよぐ

車掌の背中の、スリット

紺色の暖簾の向こうには闇のワンダーランド

一瞬クスっと笑った車掌のまぶた

スリットの向こうには

換気扇

というか

プロペラが ついているに 違いない

覗かせてもいただけないものを ふとした瞬間に かいま見る

熱い 熱い 車掌を見出す

車掌のプロペラくるくる回るよ車掌を動かすクエン酸の動力

車掌のプロペラどんどん熱いよ燃える、燃え上がる、燃えちゃう車掌の背中、溶けちゃう車掌のまっすぐな、背中・・・・・

・・・・と そんなわけで

車掌の背中にも きっと ちゃんと

スリットが

ついている

フフッ

とね

静かなるドン・・・ならぬ静かなる鼻水がずーっと出ております。やっぱり風邪でなく花粉症なのかしら。薬が切れて以来放置してますが、ここ数日ひどい感じで、やっぱり治療を続けないといけませんね、タラタラリン・・・・・。

プチトマトの苗を買いました。たくさん実るように育てたいと思います、グスングスン。

明日も仕事です。いい日になりますよう。