駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

もうすぐ駅員は魔法使いに

雨ばかり降って、寒くて、ゆううつな四月。

新入生も、新入社員も、こんなお天気ばかりだと、気がめいってしまうのではないかしら。はやく晴れてほしいです。

さて、今日は臨時でアルバイトでした。

朝、終着駅のホーム、傘を持った駅員がサーっとわたしの横を追い越しながら走っていました。

まだ若い、駅員、ビニール、帽子、そぼ濡れて、走る。

そして数秒後、その駅員は、マジックハンドを持って、またわたしの前から後ろのほうに走ってゆきました。

駅員を増強するもの、それはマジックハンド。

駅員はそれを使って、高齢者の背中を掻いてあげる・・・・のではなく、

線路に落ちた女性の携帯電話を、取ってあげていたのです。

・・・駅員も・・・・15年もやれば・・・自分の腕がマジックハンドになったり・・・傘をマジックハンドに変えたりする魔法が・・・使えるのですが・・・・わたくし、若輩もので・・・・

つぎつぎに行き交う電車の合間をぬって、くりひろげられる、虹色のマジック、マジックハンドで手品して、雨のホームで、駅員、りんりん。

人間らしい 優しい駅員の姿に触れた 雨の出勤風景 でした

でも、以前こちらに書きました、駅員さんも訪れるパン屋の「ルパ」が閉店となってしまいました。がっかりです・・・・・おとなりのドトールではモーニングセット380円を新たに作った、とのことでそちらに行きました。

さすがにドトールに駅員さんはいませんでした・・・。

明日もあさってもアルバイトです、おおお。がんばろう~。