駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

秋葉原ドレスありがとうございました

なんで電車がこんなにコンデンサー・・・はともかく・・・・Dress Omunibus Theatre #15、無事に終わりました。お越しの皆様、有難うございました。

演劇系のイベントということで、とても新鮮でした。演劇のリハーサルってすごく丁寧に場面を組み立てるのですね・・・・・T-THEATERでの練習を思い出し、あの頃はよく練習をしたものだ・・・(←・・・今は???)などと感慨にふけっていました。

アガリスクエンターテイメントさんのテトリス舞台が面白かったです。設備もすごいし、描いている世界が面白く、世界にはいりこみました。落ちモノが好きな人にはたまらない舞台ですね。

わたしは汚れたエプロンで舞台に臨みました。舞台のために汚したのではなく、うちにあるエプロンは、汚れたものしかなかったのです。楽曲は以下です。

 ねえね・てってと銀の旅

 昆虫花火

 骨み骨むとき骨が好き

 マザリングエクスプロージョン

 きれいきれいきたないきれい

 北斗星の夜(新作)

なんかハードな舞台でした・・・・わたしはあまり汗をかかないのですが・・・最後のあたりでは息は切れるし、なにやら汗がタラリと・・・・・。いやあ・・・・ハードなステージは健康によさそうですね・・・・・?

反省点ですが・・・・すっごく口が渇きました・・・・ヘッドセットマイクだとペットボトルの水を飲みにくいので、給水しないでいると、駅伝選手のように脱水になるのかな・・・?なので、次回はストロー付きのドリンクを持ってゆくぞと思いました。

開場時のBGMがすごくマッタリした感じでした。雰囲気は良いのですが、ちょっとリラックスしすぎてしまったので、自分のウォークマンでノリのいい作品を聴いたりしていました。

あと、転換5分というのは短かったなあ・・・・・。本番中は楽屋に行けない構造なので、あせってしまった。次回は気をつけたいと思います。

音などは、良かったように思います。

お世話になった皆様、お客様どうもありがとうございました。

帰りの電車では、ひどく酔っている酔っ払いがたくさんいました。

終着駅でグニャグニャしていて、駅員さんに起こされるのだけど、向かいのホームから出発しようとしている電車に突進して行くよっぱらい・・・・・・若い駅員があわてて静止していましたが、ほんとにもう、乗客というのは、無になる競争を、駄になる競争を、きそってしているんだわ・・・。「正体をなくす」という言葉もありますが、自分の皮を脱ぎ捨てて、どろりと解けてしまうことを、望んでいるのだわ・・・・。