駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

東京という人格はない

東京は 威張らない

東京は 自分のことを 何も 語らない

東京は 東京として 東京を 語らない

ひとまとまりの「東京」なんて人格はない

から

何も言わない新宿の街で

きょうも急病人を助けた乗客や駅員の足音

他人のことなんてかかわりあわない雑踏で

ぶつかりあわないように すれちがう 歩くのが上手い人々の 

ひそやかな思いやり

東京は自分を売り出さない

そこに行けば当たり前のように染まり

瞳を伏せたままでも なんとか生きてゆけそうな

無口だけれど 優しい街

今日もアルバイトでした。台風一過で、電車のダイヤは乱れ気味でしたが、わたしの乗った電車に関してはどれもスムーズで、これも鉄道員さんのご尽力あってのことと、頭が下がります・・・。

わたしはやっぱり、秋の駅員さんが、とっても好きだなあ~と思います。駅員さんが気になって気になってしかたがありません。秋こそ、駅員さんが美しいシーズンです。きっと冬にも同じことを言ってると思いますが・・・・。

明日は大学時代の友人たちとお食事です。久しぶりにお目にかかる人もおり、楽しみです。大学時代はいろんな意味で病んでいたので、今にして思えばよく卒業できたものだと感心します。でも、今より社会性はありましたので、自分は勤め人に向かないということはなんとなく感じつつも、人並みのところに就職しなくてはならないと思いこみ、公務員試験とか受けたりしたものでした。記念受験になりました。

今では人格が明るくなったけど、社会性はますます欠如しているように思います。否定的な家族や学校からは逃れ、今は、わたしを受け入れてくれる場所や人としかつきあってないようで・・・すっかり自分を甘やかしています。

なんの脈絡もなく、むかしの写真。

2004年ごろの写真でしょうか。いや、2003年かも・・・。

代官山で友達とポエトリーをしたときの写真です。ともだちはいいものだ。