駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

小田急車掌は困ってる

今日はいつになく仕事をしていたように思いますが、間違って上書き保存して、ファイルをひとつムダにしてしまいました・・・やり直しだ・・・・。

昨日までちょっとヘコんでいましたが、なんとなく嬉しいメールを受け取り、それでちょっと復活しました。とはいえ、わたしはお酒も飲まず、お酒を必要ともしておらず、借金ぐせもなく、浮気ぐせもなく、いたって健康であり、そのことにまずは感謝しないといけないな・・・と思います。

そんなことはともかく、また小田急の素晴らしいポスターを見出しました。

ああ、小田急、車掌が、困っている。

このなんとも弱々しいというか控えめな感じが、小田急ですね・・・。

控えめで声の小さい存在は、ときに暴力的でもあるのです、わたしの小さい声に、世界でいちばん小さなわたしの声に気づいてください、気づいてくれないあなたは、わたしを困らせているのです・・・と、野山の草花のささやきに・・・自分が悪魔のように感じ・・・花を踏んでしまうときに誰もが胸をいためている・・・・

おい、見えねーじゃねーかー!!安全確認できねーじゃねーかー!!さがれったらさがれ、そこのガキ!!

・・・なんて とても言えない やさしくて 上品な 小田急の 車掌が 今日も 困り顔で ・・・言えない 言えない・・・電車まだ発車できません、皆様のご協力をお願いします・・・お願いします・・・瞳を くもらせた 車掌さんの 優しさが 好き・・・

月末に仕事で札幌に行きます~。北海道の方でこのブログをお読みの方なんておられるのかな。10月末の札幌は、衣類の調節がよくわからないですね~。東京はまだ半袖の人もいるくらいなので・・・(←それは東急の駅員だ)。

すすきの、海の幸、夜景、楽しみです!