駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅員だらけの緑の森で

 駅に 駅員がいない・・・

と 思ってから どのくらいたつのだろう

しかし この駅には 駅員がいっぱいだ

ああ、たまにこうして 駅に駅員がいると

ああ、すうーと、呼吸できるわ・・・と

なぜかしら そんな気分になる

駅員だらけの緑の森で深呼吸せよ

そこに 人に耳をすませている人がいる

という ことに 耳をすませよ・・・

駅員とわたしは

ときどき目が合ってはそらしあう

わたしはあなたに危害を加えませんよといいながら

警戒の腕章を誇らしげにたくし上げる駅員は

この駅で誰よりも機敏な猛獣だ

駅員は親切な笑顔で危険な風を吹きだす送風機だ

駅員の風にもまれて

わたしは誰かを待っている

わたしは誰かを待っている

・・・みんなで感染したりしませんか

急ぎ足の乗客

ひっきりなしに列車は行き交う

駅に、駅員がいて、めまぐるしく、風は踊り、

瞳を逸らしあえ、肩口を逸らしあえ、

ここはきっと

正しい

そんなわけで今日は・・・・何をしたんだろう・・・・こまごまとした仕事や園芸の手入れをしました。トマトなどはすっかりしおれてしまったので、また野菜系を植えてみました。葉もの、です。虫に悩まされないで育つといいな・・・。

秋から、夜の仕事など、ちょっと外出の仕事が増えます、それで、食欲の湧かないお弁当をまた作ろうかなと思っています。お弁当の工夫やアイデアなどありましたらお寄せくださいね。

知り合いの先生が、おみやげに、あぶらとり紙をくれました・・・ありがたい・・・で、どういうときに使うんだろう(笑)脂性のくせによくわかってないわたしです。

明日は例によってお仕事です。頑張ります・・・。