駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

スライド作りをがんばった

わたしは死んだらここの墓場に入る予定になっています。

東京はだいぶ涼しくなってきました。過ごしやすいです。東横線が朝から人身事故で止まっていたそうなのですが、駅員さんもおつかれさまですね。

今日はしなくてはいけない仕事は多くあったが、「午前中は仕事しないぞぅ」とシャレこみ・・・う~ん、何をしていたのか???午後からスライドとか作ってたらずいぶん油が乗ってきて・・・止まらない感じになり・・・・教材づくりに燃えるわたしです。

きょうは、すごく久しぶりになる原著論文の校正を出しました。わたしはものを書くことが好きなので論文を書くこと自体は苦でなく、2000年代前半くらいまではそれなりに量を書きました。教室の先生は論文を書くことを励ましてくださり、わたしはそれを真に受けて頑張って投稿していたので、先生方に誉めていただくのがとてもうれしくて励みになりました・・・色々あって今はフリーになり、このところは書く分量もずいぶん減りました・・・・アレコレ仕事はしなくなったので、同じ分野の仕事仲間はむしろ増えました・・・しかし、大文字の「研究」、すなわち研究らしきことはもうしないと、フリーになったときになんとなくそう思いました・・・もうそんなウツワでもないように思い・・・これが最後の原著論文かな、と思いながらポストに校正刷りを入れました。出版が楽しみです。

自分で自分を名づけたら きっと腐る

自分で自分を定義づけたら きっと腐る

ゆで卵のゆで方を おしえてください・・・

自分で自分の顔を操作したくなったら きっと腐る

自分で自分の作った足台に登りたくなったら きっと腐る

ゆで卵は 塩をひとつまみ 入れて・・・・

自分で自分の何らかの属性を売り物にしようと使ったら きっと腐る

自分で自分の価値基準を外の何かや誰かにゆだねたら きっと腐る

キミは半熟でも 美味しいね

じゃあわたし 半熟目指す

わ・・・

明日はDEEPなお仕事日、がんばります。