駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

サルバドールナイト:ありがとうございました

昨日は神楽坂サルバドールナイト、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

わたしは緊張のあまり変なテンションで、いろんな方にご迷惑をおかけしたのではないかと心配です・・・今回は前回よりはるかにプレッシャーと不安感に満ちて、わけのわからないテンションでありました・・・・ライブハウスには魔物が住んでるな・・・・・しかし、ほかの出演者の皆様、お客様、ライブハウススタッフの方々が暖かく助けてくださいました・・・ありがとうございました。覚えている限りのことをまとめて書きます。

★磯野一家さんは、サトミンが箱根から神楽坂に走ってきて本番中にゴールのテープを切り、サライを歌うというシナリオでした。途中、いろんな映像がはさまったりして、シナリオがしっかりしていて、面白かったです。プロデューサー?はヒバ婆さん(←お若い方ですよ)。絵を描いたり曲を書いたり文章を書いたり、クリエーターとして素晴らしい方ですね。ミホさんともども、歌に踊りに、お疲れ様でした。

オルタナティブ3さん。プロデューサーとポエトリーが紀ノ川つかささん、テルミンが大西ようこさん、声楽のボーカルが北村守通さん・・という変わった組み合わせ。井伏の山椒魚が新鮮で雰囲気がありました。おちゃらけているような作品でも根底に詩情が感じられます。わざわざ四国からお越しくださった北村さんはいつもおおらかな雰囲気で、紀ノ川リーダーはふだんと違うハジけた愉快な雰囲気(かぶりものをする人だったのか?)。大西さんは孔雀のようなドレスに美しく包まれていつもながら優雅な雰囲気。あんな落ち着いた人になりたいな・・・来世でも無理。

★下野穣さん。ギターは下野さんだけなので、生音が優しい雰囲気でした。自然体の下野さんでした。むかし下野さんに「大統領の名前を列挙する詩が面白かった」「ノムさんの詩がおもしろかった」とか申し上げたことがあるのですが、双方とも出てきたので、もしかしてわたしの言葉を覚えていてくださったのか?と自意識過剰になりました。バイリンガル、うらやましいです。

★レンダさん。ご結婚された影響か、キイボードのヒコさんが面白いキャラになってました~。ネクタイ100本くらいまいていた!なんとなくユニットの性格がわかってくると面白いですね。「赤」「青」など、色彩感のある作品が多いなと思いました。最後はアンコール「反省文」!そしてわたしの作品「それはどこまでも深い大江戸線」もリアレンジしてくださって一緒にセッションしました。♪=136はちょっと苦しかった・・・でもうれしかったです、ありがとう。

★じぶん。声がガランガランでどうなることかと思いましたが、お客さんのノリに助けて頂いたなあ・・・相変わらず緊張して、ライブハウスには魔物がいるな・・・と思いました・・・いや・・・先祖だった、かも・・・。終わったらびっしょりとシャツが濡れていました。楽曲は以下です。

 JFK

 ヒースロー、朝10時。

 きれい きれい きたない きれい(新作)

 クシコスしごと

 運転士が燃えている

 も れ る

その後はレンダのお客様の打ち上げに参加し、そのうち終電がなくなり、あまりの疲労に居酒屋でゴロゴロしておりました。途中でVAIOがウィルス検出されたことが気になってしまい、PCに詳しい方にチェックしていただいたりしました。コンピューターウィルスについて、時々ノイローゼみたいに気になって仕方がなくなり、やたらと全ドライブスキャンをかけたりしますが、今日も家について少し寝てからウィルスノイローゼにかかり、やたらとスキャンしてしまいました・・・

明け方は意識モーローとしながら帰途につきました。途中駅で終点で電車を降ろされたとき、ほかの乗客もみんなモーローとしているように感じられました。夜明けのモーロー線、モーロー電車です・・・・わたしがベンチでモーローとしているときに、もう一台、この駅どまりが到着しました・・・そこに乗っている数少ない乗客もまたみんな寝ており、サラリーマンふうの若者が多かったのですが、明け方の電車では死んだよう・・・そんなとき、この電車は当駅どまりです、と、たてじま・よこじま・駅員が起こしに行った、サラリーマンのヒザを叩いたな・・・・というところまで見ておりました・・・。駅員だけが起きている、修学旅行の先生だね、すべての人の心的現実に霧がかかる時間、駅員だけが朝日のようにクリアなのです・・・

 ★

そんなこんなで、お世話になりました皆様、まことにありがとうございました。ご迷惑をおかけした皆様、ごめんなさい。

新作の、昨晩の詩を掲載しておきます。

  きれい きれい きたない きれい

 裏山の砂利道で転んでしまったの

 夕焼け色のひざのすりむけ

 天狗の少年に出会った

 わたしの膝小僧を ずっと ずっと 

 舐め続けていた

 ごめんなさい もうしません

 ごめんなさい

 漂白剤  石ころ  ろうそく  くさり

 立方体  犬小屋  山なみ  みつかった  

 痛かった たたかれた たたかれた 以下同文  

 もうしません

 これできっと 大丈夫ね  

 これできっと 元通り

 これでもっと 真っ白になあれ

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きたない

 悪い娘は洗濯機

 悪い娘は洗濯機

 リプレイボタンで もう一回

 ぬりえの輪郭 もう一回

 ふくらみなんて もう一回  

 はみ出しちゃったら もう一回

 リプレイボタンで もう一回 

 着せ替え人形 もう一回

 ふくらみなんて もう一回 

 はみ出しちゃったら もう一回

 リプレイボタンで もう一回 

 大きな模造紙 もう一回

 ぐるぐる包んで もう一回 

 差し上げたいから もう一回

 リプレイボタンで もう一回 

 まどろみの渦へ もう一回

 泣いてる顔を笑顔に変える 

 眠りの魔法を もう一回

 黄昏にはいつも 境目がない

 ヒガンバナの丘の上を 炎が走っていった

 おかあさんがみんな洗ってあげますからね

 リプレイボタンで もう一回 

 洗剤使って もう一回

 ぐるぐる洗えば もう一回 

 使い物になる もう一回

 リプレイボタンで もう一回 

 まどろみの渦へもう一回

 泣いてる顔を笑顔に変える 

 眠りの魔法を もう一回

 この丘から見える夕焼け雲が とても好きだった

 私は 歩くだけで 泥だらけになってしまうけれど 

 私じゃないものが私に付着するのがとても好きだった

 おかあさんがみんな洗ってあげますからね

 これできっと 大丈夫ね  

 これできっと 元通り

 これできっと 真っ白に

 これできっと 真っ白に

 これできっと 真っ白になあれ

 

 きらい きたない きたない きらい

 きらい きたない きたない きらい

 きらい きたない きたない きたない

 悪い娘は洗濯機のなか    

 ピースしながら踊ってあげます

 もっともっと 真っ白に 

 もっともっと真っ白に

 もっともっと 真っ白になあれ

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きれい

 きれい きれい きたない きたない

 きれい きたない きたない きたない

 きたない きたない きたない きたない

 きたない

 ふと気づくと 沼の中に居た

 きたない きたない きれい きれい

 こんな沼にも 朝日は届くんだな

 と 思った