駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ドラマチックス桐蔭学園!

夏の車掌というのは きわめて 人間に近づく・・・

・・・というよりも 男性に 近づく・・・・

・・なんて書いていたら ちょっと 恥ずかしくなるなあ・・・

・・男性であってはならない のに・・・

今日は東急の車掌のみごとな背中を観た

板のように硬そうなこの体幹こそが

あっ・・・男性だな・・・・

なんてことは 思ってはいけない

のに

それから

平らに引き締まった腹のベルトに

なぜか 文具の クリップ(大)を みつける・・・

・・・彼は 車掌でなくて メモ置き なのか・・・?

じりじりと夏の日差しに

黒く焼けた車掌は

東急電車に綴じられながら

不思議な胸のボタンを押す

PAさんでもいるみたいに鳴り出す発車のベル

ストップ!と腕を広げると

音楽はジャスト!止まるよ・・・

 HEY HEY 駆け込むなよ HEY HEY ♪

車掌のトジメはラップのリズム

東急ってなんだかいいなあ・・・

東急の車掌は安全で明るい男性なのだなあ・・・・

実家に行ってちょっぴり疲れたわたしは

ノンビリとした各駅停車に

とても 元気付けられたのです

今日は、父のところにお掃除に行きつつ、わたしの卒業した高校である桐蔭学園の神奈川決勝をTVKで観ておりました。結果は非常に残念ながらサヨナラ負けでしたが、本当に良い試合でした。すべての皆様へ、どうもお疲れ様でした。

以下、観戦記ポエム?

判らない人にはまったくわからないネタでしかも情報が古くて間違っている部分もあるかもしれません、おまけに嘘と偏見に満ちています、抗議がきたらどうしよう!どうもすみません。

追記:アップしてから、やっぱり学園に対するわたしの偏見があるなと反省しました。よって、偏見だったなと反省した部分は、「桐蔭学園→松岡宮」に変えました。意味不明の詩になりました。どうもすみません

★ドラマチックス桐蔭学園!!★

「女を売り物にする女性にはなるな」

桐蔭の先生はいつもそう言っていた

だけど松岡宮はきれいごとが嫌いです

売り物に出来るならなんでも売り物にするぜ OH!

デッドボールで過剰に痛がってみせるぜ

相手が動揺するように ね

審判にだって抗議はするぜ

それが勝利のためならば 

もう20年も前のこと

また丹下健三がデザインした大きく立派な建物が建った OH!

こんなバブルはいつか破綻するという予想はあったのだろうか

自分がのちにロストジェネレーションと呼ばれる

そんな気がしたのだろうか

恥ずかしいけどあの頃は何も知らずにいた

みんなが大学に行くと思っていた

お金がないと言っている人も500万くらいは貯めていると思っていた

才能がないので努力家だったが努力くらいは誰にだって出来ると思っていた

何にも考えていなかった

わたしは本当にこの世界の何も知らなかった

「真のエリート教育を・・・」

朝礼でそんな言葉を耳にする

あの頃 おまけに渡辺さんで甲子園に出て

もりもり 準決勝まで・・・・

・・・ついでに言えば わたしはクラスで個性的な人ナンバーワンに選ばれた

だからわたしの意見が桐蔭生を代表するものではないことに留意してほしい・・・

ペルソナッソス松岡宮!

きれいごとなんて言いません OH!

この世はしょせん、地位と名誉とお金、です

だから努力をするのです、YEAH!

櫛の歯が欠けるようにいなくなっていった人々

わたしもそこに入るのかしら・・・

悪魔のふりをしてNHK相撲中継に呼ばれるようになった先輩がいる

毒舌を吐く漫画家の先輩がいる

となりのクラスの西川さんは美貌だけじゃないタレントになった

わたしは綺麗な人間のふりはできません

うんこだってするし だからトイレがあるのだし

そうさ、うんこだってするからトイレがあるのだし

それにしても横浜隼人のピッチャー片岡今岡君は可愛すぎですね・・・

ピンチのときにもいつだってスマイル・・・なんて OH!

小柄な童顔 えくぼが 可愛すぎです

神奈川県優勝を手にして

地元に帰ればギャルが1000人穴を掘って待っているだろう・・・

ああ、穴に落ちないように・・・甲子園でもご健闘を・・・・

一方、松岡宮は・・・

ピンチのときも笑ったりしない

微笑もうものなら

「・・・あんなところで笑ってるから 負けるんだ」

そんな活字が頭におどる

ノビノビ はつらつとした 横浜隼人

無表情で無骨な武士みたいだった 桐蔭学園

(・・・しかし横浜隼人は本当~~~に強かった・・・)

松岡宮はきれいごとが嫌いです

売り物に出来るならなんでも売り物にするぜ OH!

デッドボールで過剰に痛がってみせるぜ

相手が動揺するように ね

 だけど あれは 本当に 痛かったんです・・・

 だけど 痛いなんて 言えなかった・・・

 痛いふりをした としか 言えなかった・・・

審判にだって抗議はするぜ

それが勝利のためならば ね

 だけどあれは 本当に 本当に ストライクのはずだったんです、絶対に 絶対に ストライクだったんです・・・人生かけて言います、あれはストライク・・・

勝負はいつも唐突に

最後は守備のわずかな乱れ

今大会大活躍の 田畑の 疲労も限界の 痛めた身体の 上をゆくバウンド 

11回ウラ サヨナラ

あっけなく 試合は終わった

 35歳くらいに見えた 田畑

 落ち着き払っていたキャプテン 後藤

 能面のような先発 能間(ノーマ)

 表情を崩さぬリリーフ 船本

青春だとか 友情だとか そんな言葉は使いたくなかった

松岡宮はきれいごとが嫌いです OH!

試合終了のサイレンのあとに

自然とこぼれる涙のかずかず

それは鉛よりも重たい桐蔭生の涙だ

やむにやまれずこぼれてしまった 鉛よりも重たい桐蔭生の

涙だ・・・

そしてわたしのケータイにも

  まっちゃん、燃えつきた

とだけ書かれた横スタの写メールや

  号外出てました、残念だったよね、

と書かれたメールが

届く

こうして涙でつながれる 人と 人との つながり が・・・

そうか・・・このメールの文字、こそが

わたしが憎んでやまなかった綺麗な言葉

偽悪の仮面をはずしてやっと漏れ出す 美しい言葉

青春というものなのか

友情というものなのか 

やっと 知った

みんな 本当にありがとう。