駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

朝のラッシュに乗ってみた

土曜日からこの火曜日まで忙しく過ごしました・・・が、なんとか無事に?乗り切り、明日はちょっとだけ時間が出来ます・・・。ふ~。

月曜日は朝のラッシュ時に首都圏に向かいました。ポエケットや同窓会の疲れが取れていない日で、一日じゅう意識が薄まっていて、きちんと精神を入れ込んでゆかねばならない仕事なのに、ちょっと気を抜くと眠ってしまいそうになり、思うようにならない自分がもどかしかった・・・。たとえばうつ病とかで思うように頭が働かない状態は、こんなもどかしいつらさなのかもしれないな・・・と思いました。

そんなモーローとした中でのよい発見は、わたしの最寄り駅も、ラッシュ時にはバイトの駅員さんがいっぱい出現することがわかった点です。閉所恐怖であまりラッシュも得意でないわたしですが、この日は眠気の中に駅員の姿をかずかず見やり、おぼろげな意識のなかで駅員さんは優しいなあとつぶやきながら、列車に対する恐怖感はあまりなかったなあ・・と思います。

下のポエケットのご挨拶のなかで紫音さんが抜けてました、すみません。まだ他にも忘れている方がありそう・・・そうそう、服部剛さんもひさびさにお目にかかりましたね~。