駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

メルマガ発車しました

今日も暑かったですね・・・胃もたれ気味です。

8月14日にイベントをさせていただく神楽坂EXPLOSIONに行く途中のカフェベローチェでいろんなことを考えた・・・けど、なんか忘れてしまった・・・。

イベントのタイムテーブルはまた改めて書きますが、わたしの出順は二番目(19時半ごろ)ですので、お間違えなきよう~。

今日は、いろんな駅員や車掌、運転士をみました。専門家の動き、というのは美しいものだなあ・・・と思いました。経験をつむほどに、彼らの動きには経験が付与され、無駄の無いものになるのでしょうか・・・。そこに人間の身体があって、鉄道を守っていることが、凄いことのように思われます・・・。意志があって、身体があって・・・すごい。

一人寝の、夢の寝しなに、駅員を思うことがあります。

大柄で、美しい駅員が添い寝をしてくれて、わたしがそのネクタイを引っ張ると、男性のにおいがして・・・ああ、そんな夢は素晴らしい・・・・・それが実はホック式の、伸び~るネクタイだなんて思いたくない・・・(笑)

★メルマガ発車しました!「アシナガバチに性欲」号です。

読んでみたい方は miya_matsuoka@auone.jp

までご連絡くださいね。

★明日も仕事です・・・・胃もたれのない一日になりますように~。