駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

まぶしいや、東海道線

ああっ

突然のワイパー・・・

何があったの?

その運転士には何が見えたの?

よく晴れた日の東海道線

運転士の右手は踊るためにある

ワイプ、ワイプ、夏本番を伝える清い空を

みがく、みがく、運転士の白い手袋

その運転士は揺れていた、

柳のように、揺れていた、

いつもの赤いアパート

いつもの水泳教室、指差し、

いつもの歩道橋、くぐり、

小さな子供が手を振っているのを

にらみながら

ワイプ、ワイプ、厳しい表情、

潔癖な運転士の右手は踊るためにある、

椅子には上着

この真夏日に、上着、

着脱という行為の軌跡が、その上着には見えるようだね

この15両編成の重たい東海道線

運転士あなたがいちばん厚着をしている

ゆれ、揺れ、揺れながら

いつも冷静 体温の低い運転士が、露払い

ああ、ワイパーが風景を刻む

あなたはいま青空を磨いている

今日は晴れて、お月様が綺麗です。織姫と彦星は逢えたんだなあ、よかった!いまごろデートかしら。逢いたい人に逢えないのはつらいことですから、ああ、良かった。

このところ、バタバタとしている日々です・・・なんて、ほかの人に比べたらたぶん暇なのに、要領が悪かったり、へんなことにハマってしまったりして、いつも時間が無いなあと・・・・いうここ数日です・・・明日もアルバイトです・・・起きられることを祈りつつ・・・・おやすみなさひ。