駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

オ ダ キ ダ キ ユ

一週間前 閉所恐怖のわたしが 小田急線に閉じ込められて

死にそうな思いをしたことは 書いた・・・

あれから という ものの 小田急線に対する なんともいえぬ思いが 募り 募り・・・・

(「いやだよ」好き「怖いよ」好き「乗りたくないよ・・・」)

(「またわたしを壊すの」駅員さん素敵「いや」いい「やめて」やめないで・・・)

(「小田急線」のなかには「抱 き」が入っているね・・・)

(「小田急線」の「/da/」の音にわたしは惹かれてしまっている・・・)

今日も代々木上原あたりに 行ってみた

青い風が頬に届く

ひやりと青いロマンスカーが高架線をゆるやかに

お手紙届けに参りました

寒がりの小田急駅員の木立みたいな身体、ぱりぱり

白い背中のラインがまぶしい新しいコートに身体を包んで

すっく と わたしの目の前に立っている

乳首と乳首をこすり合わせるオノマトペは何だろう

こりりり こりりり・・・

発車します りりりり り り り り りりしく 赤い旗を抱えて 立っている

 ・・・・駅員はお客さんに危害を加えません・・・

と、そんなことは 分かっているはず なのに

わたしは小田急を信じていなかった

ごめん

 (da da da da da・・・・)

 (抱き 抱き おだ・・・だき・・・だきゆ・・・きゆう・・・)

駅員はそこで清潔感あふれる仕事ぶりを見せているだけではないか・・・

駅員を・・・・ごめん まだ信じてない・・・

は!

突然の北風

ふいに駅員に抱かれた気がして目を閉じる

ミヤさんあなたにお手紙を届けにまいりました

駅員はけしてあなたに危害を加えません

わたしの至らなさにも関わらず

いつも暖かい微笑をくださる優しい駅員が

 da da da da da・・・・

 小田急の中に含まれる「抱き」の音が・・・

わたしの中に 

住んでいます

29日の蒲田オッタンタイベントの詳細が決まりました。がんばろ~。

◆12/29  OTTANTA SPECIAL 2008

21:00 Open

21:30-21:50 薔薇 [蒲田ロッキンブギーバンド]

21:55-22:15 キャタピラーズ [俺達ゃイモだ。芋虫バンド。来年もヨロシクROCK

IN ON!!]

22:20-22:40 松岡宮 [ポエトリーソング]

22:45-23:05 ブッチマン [東中野のスティービーワンダー!キラーチューン満載なラ

イヴ!]

23:10-23:30 どぼすぺ [大人のロック]

23:35-23:55 かつお [ビールとギターでどこまでも。]

24:00-24:20 sumi&ハヤシタカユキ(中野ハリセンボン) [Belly Dance、POI]

24:25-01:25 飛び入りコーナー:幕内玉海力、ヶェ、JUN and more...

01:30-01:50 SEIDO+クリタチカコ [ノイズショー]

01:55-02:15 池タコ倶楽部バンド [酔いどれロック]

02:20-02:40 正崎陽平 [maj7系メロディアス弾き語り!]

02:45-03:05 IWAZA [HipHopの伝道師、蒲田代表!IWAZA MC!!]

03:10-03:30 SHUN&REO [TAPとBEAT BOXによる即興Session!!]

03:35-03:55 京浜ライナーズ [プラトニック・ピュア・コア・アコースティックバン

ド]

04:00-04:20 fob(エビ入り) [P:みつお、Ds:出口洋介、Pt:つかちん、Vo:マイ&

Guest Vo:エビちゃん]

last*フィナーレ*全員集合!2009年に向って乾杯!!

展示:汾陽光麿