駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

年末のイベント予定など

カーブの向こうに何が見えますか

鳥の真剣さ で

小柄な車掌が

必死に遠くを見つめている

女性が車掌をやっていること に

もう

それほど 驚かなくなりましたが

小柄なひとは 遠くまで見通すのが大変そうで

マスクをして 風邪でしょうか 大変そうで

あなたのことを ずっと 見つめています

女性の車掌の 背中のつばさを

いま

車掌のおんなと

車掌のおとこが

立ち上がり

合体して

一体のものとなり

男性車掌と女性車掌が 抱きあい 溶け合い

立ちのぼり

ふたりは空へと溶け合い

なにやら 新しく

美しい車掌が生まれる

のが

みえます

女性車掌 あなたはいまどこにいますか

おとことおんなの数直線の

まんなか とかじゃなくて

上空に

舞い上がり

あなたもうすぐ市ヶ谷です

丸い帽子が つむじ風にくるくる

鳥のよう

踊っている

↓ こんなところにも女性の乗務員の姿がみえますね。

しかし京王バスはいつも見過ごせない、凄みの有るポスターを作ってくださいます、ああ、青春まっさかりの京王バスの運転士たちよ、わたしも仲間に入りたい!

グーグルの会社の写真なんかみると、カラフルでおもちゃがいっぱいで面白いですね。オフィスの写真を見るのが好きです。そんなわけでわたしも仕事場を公開します。

新暖房システムである「KOTATSU」を入れたところです。なんか、ただの下宿みたいに見えますね。まあ、実際にもただの民家なのですが。

お客さんがいらっしゃるときはもうちょっとマシなのですけど・・・・乱雑なのはこっち側だけなんですよ~。

KOTATSUを入れてからは仕事がわりと出来るようになりました。以前は、自習室としてコーヒー代をもらって友人が使っていたこともあります。

こんなところでよければご見学などお待ちしてます。

<<ポエトリーソングLIVE>>

2008年12月29日(月)  22時20分~22時40分(予定)

蒲田・スタジオオッタンタで、ちょっぴりLIVEさせていただきます。

この日はオッタンタの年内最後の日で、21時に開始し、オールナイトのイベントです。蒲田駅東口徒歩5分ほど。1000円(1dつき)。

わたしも最後のポエトリーになるのかな、歌ものも入ります。オッタンタは小さめでアングラ風な雰囲気です。これから仲良くしてゆきたい場所ですね~。

関係ないですけど、自分のジャンルを「ポエトリーミュージック」とか称していましたが、「ポエトリーソング」というのもよいかと思って、オッタンタではそういう肩書きで出ています。

あと、梅島ゆーことぴあの下町ポエトリーリーディングにも遊びに行く予定です・・・が、いつでしたっけ(笑)