駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

はねはねバタバタしていました

このところは珍しく普通に仕事で忙しく、バタバタしておりました。

といいつつ、新しいカメラを買ってしまった!

やはり新製品はクリアに写り、これまでのカメラはずいぶんボケた画像だったんだな~と思わされました。

このサイトにある写真は、その古いカメラを使った映像がほとんどなので、「ボケボケした写真+わたしの変なレタッチ」で、このサイトらしさが出ていたのかもしれませんね。

これからは新しいカメラで、新しい風景を切り取ることになります。

どんなふうな映像になってゆくのかわかりませんが、これからもわたしが美しいと思うものを切り出してゆけたらと思っています。

そうさ東京は美しい、東京の駅員は美しい・・・!

★といいつつ、明日から少し旅に出ます。すぐに帰ってきますが、一年ぶりくらいの温泉を楽しんできます。

★今行っているアルバイトが数年後になくなりそう・・・というのと同時に、新しいアルバイトが決まりそうになっております・・・(内容は同じ仕事です)。

フリーで自分の仕事を提供するというのは、その時々で勢いの有る団体に誘われ、短期間お金をいただき、また次の段階で勢いの有る団体に誘われ・・・(以下同文)という感じですね。

★駅員さんが見えるカフェをまた発見してしまいました。正確には、駅員さんが見えるカフェのなかでも、このシートに座るととても素晴らしい眺めである・・・というような場所です。

あちこち、フラフラ、はねはね、バタバタしているわたしを、いつも駅員さんは優しく見過ごしてくださるので、そんな駅員さんに対してわたしは暖かい気持ちを抱いています。

とりとめなくなく。

では

行ってきます。