駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

にっき、にっき。

恐ろしく眠かった一日でした。当然仕事もさほど進まず・・・でも、いくつか気の重い仕事に、どうにか取り掛かった・・・という点では頑張ったほうかもしれません・・・。明日もがんばろう。

とりとめなく写真と記事。

振り込め詐欺師の表象というか肖像画

下の人はいろんなバージョンでよく見ますね!イラストレーターさん入魂の作品なのでしょう!

でも、わたしが思うに、詐欺師というのはこんなに分かりやすい顔をして

いないような気がする・・・。

・・・・それは、息子の若い頃に良く似た、実直で、不器用で、おとなしくて、

いつも口下手で損をする、そんな、はかなげで困った青年の顔をして

あるいは、ほほえましくて親切で誠実な青年の顔をして、

詐欺師はいつも、やってくるのだ。

◆都会のスナップ

駅員の視線がひとびとを串刺しにしてゆくね

◆犬猫たいじ

犬猫の糞よけのためにいろんな製品をためしています。この製品がいちばん効いているみたい。この写真では製品を持つとすでにクサイので微妙な顔をしています。

◆上原

わたしの駅員投手こと上原が、とうとうメジャーに行ってしまうのですね~。

本人も「ピーク時の力はない」と認めてしまうとは、野球とかスポーツってほんとに華の時代が短いもの、なのですね・・・。

野球をあきらめる選手たちの第二の人生が、より良いものであることを祈りたいと思います。

◆ラーメン

最近はラーメンも好きで、よくお店でいただきます。

半ラーメンにネギをどしどし入れるのがお気に入りです。

◆環境は人を変える

当たり前のようなことですが、環境は人を変えるということをよく実感します。

立場が変わると主張も変わる、ということ、ものの見え方も違うのだ、ということ。

・・・そんな大げさな話じゃないですけど、エスカレーターと階段があったら

今はみんなエスカレーターを使う、それが自然になってきているのだな、と。

だから、自分にとってよい環境を作ることが大事なのだなと思います。

とりとめなしなし。