駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ミズ・ミダリー

「み だ り に 」

という言葉には 運転士さんや駅員さんが含まれている

だからわたしは

 「 み だ り に 」

という言葉が、気になる

  み、 だ、 り、 に。

夕暮れの帰り道

長い影の追いかけっこ

駅員を見つけては 近づく・・・

ミズ・ミダリーと呼んでください、わたしのことを

ああ

急行吉祥寺行き、高い高い高井戸の駅を無事通過した車掌が

わずかにかがみこみ

高井戸駅に向かって白い指先を投げつける

ガラスの向こうの高架駅は車掌の身体のかたちに切り抜かれ

その瞬間

車掌の身体が透き通る

車掌がふっと消えてしまう

ミズ・ミダリー、

みだりに見つめてはいけませんよ

車掌なら 高井戸駅の安全を確認したら戻ってくる

グレイのジャケットが風に踊る

京王線の車掌は控えめなふぜい

ひとつ ひとつの動作を

なめつくすように

ていねいに

◆  ◆

きょうはアルバイトでした。一日中眠かったですね・・。ほんとにこのところボンヤリと生きていて、自分で選んだ道とはいえ、こんなにらくらくでいいのかなあと心配になっています。

あっちこっちで駅員さんがかっこよかったなあ~。黒系が支配する首都圏、あっちもこっちも素敵にシックな駅員さんでいっぱいですね。

そろそろメルマガ準備します。増発するかもとか言ってぜんぜんしないで、すみません。タイムフライズ矢のごとし、で・・・・(言い訳)。

メルマガではいつも付録で写真を添付していますが、あれって支障ないでしょうか?今月も送っていいでしょうか。何の写真にしようかな・・・。

11月3日(祝)のイベントもよろしくお願いしますね。