駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

コンコースからこんにちは、Tokyo ekiin cafe

駅員さんが見えるCAFE、第二弾、で、駅のコンコースでまったりしてきました。

もぐ、お茶・茶・ちゃ、もぐ、コーヒー、パンにおやつ、人、人、振り込め詐欺、犯人、みどりの窓口、それから駅員・・・

人ごみの合間をぬって、わずかに感じる駅員のグレイが、

そこは安全で、統制の取れた場所だということを教えてくれます。

瞳を閉じれば、高い声、低い声、反響する声、声、人々のざわめき。

わたしは駅員が好きなのだけど、駅もとても好きだ、ということがわかりました。

しかしこのCAFEは、コンコースに面してテーブルがあるので、

なんというか、行き交う人と真っ向から向き合うような気がして、気恥ずかしいです・・・が、駅そのものの雰囲気を浴びているような気がして、好きな場所です。

アシを出している女性、は、みんな足が綺麗だなあと思ったり、

アシが不自由な方、というのが、こんなにたくさん居るんだなあと知ったり・・・

早歩きのひと、遅くしかあるけない人、女子高生は元気いっぱい、

そんなふうに流れる人を見つめつつ、しばらく動けないままコーヒーなど飲んでいると、

わたしがこれまでどんなに駅員さんに慰められてきたかということが感じられ、

こころに染みてきます。

事務所前に植えていた野菜がまた抜かれてしまいました・・・。がっかりです・・・。誰がどうしてあんな苗を抜いてしまうのだろうか・・・・よくわかりません。残っている芽キャベツとかにはがんばっていただきたいです・・・。

今日までは暇でしたがこれから数日は怒涛の仕事daysとなります・・・。がんばります。