駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

どよん日は去ったday

土曜日はいつも仕事です。

いつも疲労しますが、今日は仕事が少なかったせいか、それほど疲れなかったかな・・・。

駅員さんにあえない日々です。

最近の日々のあれこれを箇条書きにしてみます。

★せっかく植えたお野菜の苗は、ふたつはアナだらけになり、もう二つは・・・引っこ抜かれてしまいました(涙)。誰か食べてしまったのかしら・・・・。

植物を育てるというのはなんて難しいのでしょうね。だけど、いま、草も生きてるんだな、っていうことが実感できるようになりました。

無事なのはたぶんブルーベリーの木だけです。がんばって育ってほしいです。

★自宅でできる縮毛矯正をやってみました。といっても顔まわりだけです・・・。

やった日は「おお~」と感動するほどマッスグでしたが、いい加減にやったせいか、もう取れかけてしまいました・・・・。わたしの髪は剛毛なので、あと短時間しかやってないせいか、傷みはそんなになかったですね。まだ髪から美容院の匂いがします。

★ケアの仕事とか、病んだ人や弱ったのそばに居るってのは、こっちが元気じゃなきゃやってゆけない、とはよく言われますが、最近本当にそのとおりだなあと実感します。

アンパンマンはそういうことを言いたかったのかな。こっちが豊かに、水がどんどん流れ出るように、元気いっぱいじゃないといけない、元気でいる義務があるように思います。

それは精神的にもそうで、誰しも悩んだりはしますが、根本のところで満ち足りて健康な自信を持っていないと、他人のケアなど満足に出来ないのかもしれません。

かつてのわたしはそういうことが分かっておらず、臨床現場に暗~いオーラを平気で持ち込んでいたと反省します。むしろわざわざ、「暗くて、ナニがいけないんだ!」って開き直っていたかも・・・・。反省です・・・

なんて思いつつ、最近は陽転しすぎな心持ち、ハートはイエロー、アホーな歌声、アホー、アホー!!

・・・駅員さんも、自信に満ちて強そうな印象を持ちます。経験が自信を内在化させ、それがまた身体の外に現れ出るのでしょう、柔らかな皮膚の、汚れなき白いシャツの上、きちんとノリのきいたジャケットの、その外側、に・・・駅員らしさがかもし出される・・・・ああ、駅員の自信はいい匂いだ・・・・。

まとまりナシナシ。