駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

くびれトボリーノ

小田急に乗って日帰り出張に行きました。

トボリーノ、ってのは登戸のことで、わたしがよく詩に使っていた用語です。

むかし、閉所恐怖(いま思うとパニック障害だったのか・・・・)で小田急の急行電車に乗れなかったわたしですが、今は比較的ゆうゆうと乗っております、ありがたい。

新百合ヶ丘を出た後、町田までの10分間。

ガチャリ。

車掌が ふすまを開けて 客車においでになる・・・・・

ふと見上げると、

 小田急は清潔に気合を入れています

という 案内が・・・。

・・・車掌は抗菌仕様です・・・・・

・・・車掌はデオドラント仕様です・・・・

そうか、この、いま、あと15歩ほどでわたしの目の前を通り過ぎる車掌が

無菌であるのか・・・・

無菌なものからはムキンムキンと風の音が流れてくる・・・・・

む。

そうやって通り過ぎた車掌の、

意外なほどの 筋肉質の腕をみる

そして意外なほどの 毛深さをみる

じゃもじゃもとした無菌の腕よ

毛深い男性は締まっている

そして 

その車掌の、

ふわり広がるスラックスから上に勢いよく絞られた

するどいくびれ

みる

なんだ、なんだ、この、筋肉質は・・・・・

ふすまを閉じながら ぺこり と 次の車両へ向かう 車掌

名前もしらぬ

花の香りを

残して

★ そんな感じで、研究調査のために出張していました。調査というのは面倒で、調査をしていると一見徒労に終わるようなことも多くありますが、あきらめず、がんばろうかと思います・・・・。

上野千鶴子先生の「一次データ(ロウデータ)を自分で取ってそれで物を言え」という主張に励まされながら・・・・。

日曜日あたりから夏風邪(?)をひき、ライブがあるので自分に甘く甘くして、夏休みだ~とか言って仕事しつつもゴロゴロしています。

ネットで調べますと、そんなに熱がなければお風呂に入っても良いこと、心地よいならクーラーも悪くないこと、胃腸に来るのは普通だということ、などが書いてあります。

・・・・布団かぶって汗だくになってましたが、そんなことしなくても良かったのか・・・。

8月21日のイベントでもお問い合わせをよくいただいております、どうもありがとうございます。もうすぐタイムテーブルが出せるかしらと思いますが、なんだか未体験の期待感、小さい会場ですが、これはなんだかどうなることか、わたしですらまったく予測のつかない感じに、わくわくというかぞくそくしています。

わたしは新作2作の苦行三昧、詩が覚えられるかなあ・・・・。

開演は18時半ですので、ぜひそこから観て下さい!

別ブログ「松岡宮の日々の壺」に、北島選手金メダル記念記事をアップしました。

右のリンクにありますので、よかったら読んでください★