駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

44人の駅員さんのブログ

今日は、やらねばならぬことをこまごまと動き回ってこなしていました。

朝は健康診断の結果を取りに行き(生活習慣病の気配もない、きわめて健康な結果です・・・)

昼は事務所に戻りわずかに仕事をして、そして神楽坂に行って居酒屋の予約を

したり、大学図書館にいって論文をもらってきたりしました。大学通りのなじみのカフェでご飯を食べつマンガ「医龍」を読んだりしていました。

そんなこんなで東京メトロな一日。

丸の内線のほとんどの駅には、ホームドアがつきました。

車掌の行うドアの開閉をみつめていましたが、ホームドアがない時代は

駅に到着したとたんに「ぴゅっ」と外に出ていた車掌が、

いまはホームドアに片手をかけて、やや窮屈そうに前方を確認しています・・・

・・・・ホームドアさまさま、ホームドアさまさま・・・・・

・・・あなたがご機嫌を損ねることなく、ぴったりとしまってくだされば・・・

・・・俺は 俺は 何も いらない・・・・・

そのとき車掌はホームドアそのものになり 四角い模様のシャツの車掌は

みずから四角い平面になって 

・・・俺、ドア、ホームドア、俺、・・・・・・

電車のドア、じゃない、もう彼の精神は、ホームドアに吸い込まれてしまった・・・

もう踊れないの、丸の内線のホームで、車掌は。

踊る必要もなくなった車掌の

たくましく盛り上がった肩口が

いま

もったいなくも せまそうに

ホームドアに 触れている

ああ、駅員だって、もう・・・・

・・・・ホームドアさまさま、

・・・・ホームドアさまさま、

■  ■

そして、いまこれを書いているのは自宅でなく事務所です。

やっぱり夜型の体質のわたしは、夜に作業するほうが頭が冴えるみたいで、家の人には悪いのですが、夏休み合宿みたいな感じで、事務所にちょっと泊まること

にしました。

思い出すのは受験期の特に夏休み、やっぱり夜型で、夜ふけてから朝まで好きな音楽を聴きながら勉強をしていました。

そんなことを思うと、やっぱり、朝型の生活というのは多数派に合わせているというだけのことで、夜型のほうが頭がさえる場合もあるのだから、いろんな生活スタイルが認められるといいのになあ・・・・と思っています。

社会で認められるという以前に、なかなか家族内でも認めてもらえないものですよね・・・。

わたしの事務所はコーヒー代程度で自習の場としても時々(タイミングがあえば)開放しています。自習しに来たい人はメールでも下さい。別に昼間でもかまいません。

■情熱の駅員さんブログを発見■

東京メトロの44人の駅員さんがおすすめスポットを紹介するブログ、ですって・・・・まあ!

仮眠姿も期待してしまいます・・・。

「駅員」というものに対する特別なプライドや思い入れが、紹介文から感じられます!

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/18/news110.html

■8月21日(木)イベント■

おかげさまで全ての出演者さんが決まりました。

すごい濃いです・・・。

また詳細は後日書きますね。