駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

お洋服を買いました

前の記事でいいたかったことは・・人間を真上から見ると、なんだかすごい無防備だな~ってことです。

ひとはみな、つむじ~♪を持っているのね。

ひとは自分の頭頂部に、なにかモノが降ってくるとは思わない・・・人間の頭頂部ってのはきわめて柔らかで・・・無防備。

えらいひとも、えらくないひとも、みんな同じような頭頂部をしています、つむじ、つむじ、駅の風はくもり色、つむじの宇宙に吸い込まれそう、だから、ひとを下から上に見上げてはならないのと同じくらい、上から下へと見下ろしてはいけないのでしょう。

だけど駅員さんの頭頂部はきちっとガードされていて、さすが、なのです。

今日は仕事を終えた後、なんか思いついてお洋服を買ってしまいました。

最近のお洋服って、わたしくらいの年齢でも着られるような可愛らしさがあって、近年になくたくさんのお洋服を買っています・・・。チュニック、重ね着、コットン、リボン、うーん、楽しい・・・・。

真新しい洋服は変身のプレリュード、違うわたしになりたくて、魔法を入れた紙袋を担いで駅のコンコースを歩く、わたしが、駅員とすれちがう・・・

・・・駅員、わたしお洋服を買ったのです・・・ああ、あなたはいつも同じ服ですね・・・

・・・衣替えくらいしますよ・・・

・・・すみません、なんか浮かれてしまいました(・・)