駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

見下ろす/見下すこと/は/犯罪です

昨日は、くつしたさんに誘われていた

Michael.さんの鍋LIVEに行ってきました。

西千葉!

行きは総武線快速グリーン車に乗ってみました。

首にカラフルな蛇を巻いた女性、

化粧の濃い若い女性が

においたつ蛇を体中からウネウネさせながら

検札などにいらした

 ああ 本当に・・・・蛇で出来たホスピタリティなどいらないのに・・・・。

さて、グリーン車二階席に座っていると

たいそう気分よく

ホームを見下ろすことが できる

太った女性の胸のふくらみ

痩せた女性の胸のたいらみ

男性の頭頂部

駅員の帽子のマルは大きいということ

上から見た人間は プラレールのデフォルメ

可愛らしくもある・・・・

そして 神の視点を手に入れたわたし

上から人間を見下ろすというのは

(見下ろす 見下す は ろ の 字 の 違い だけ)

なんと 楽しい ことで あろうか。

夕陽の手前を走る黄色い電車 ゆったりと

ああ、いま、各駅停車や地上のジオラマを

見下しながら

千葉へ 進むよ

千葉へ・・・

わたしがそのとき悟ったことは

そのうち・・・・人を見下ろすことは、犯罪となるのだろう

ひとを上から見ただけで、迷惑防止条例にひっかかるのだ

それは、ひとを下から上に見上げたらそうなるのと

同じだ

視線の向きにすら権力が介入する時代が来るのだ

こっちを見なさいといったら 別の部分を見てはならないのだ