駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

けむ氏が遊びに来てくれた

わたしがよく一人で作業をしている事務所に この日は けむ氏 が 遊びに来てくれました。 ふたりでお茶を飲んで おしゃべりを しました。 けむサン、あなたの柔らかな衣が、素敵です。 そのひそやかな声も、素敵です。 ちょうちょにならなくてもいいからね、ずっとそのままでいてください・・・ おわり。 今日は、ざんばらばらばら、雨の日で、夕方まではずっと家に閉じこもって、社会保障論の課題の入力とかしていました。わたしはほんとうにこういう学問のセンスがなく、第2号被保険者って、ダレ???っていうレベルなのですが・・・。自分が自営になってやっと健康保険の種類とかについてわかりかけてきましたが・・・。 しかし、仕事にも結びつかない、ただの手の運動のようにも思える、入力・・・・そんな作業にちょっぴり癒されている自分がいます。 駅員さんにはほとんど出会えない日でした。雨の日の駅員さんは大変ですよね、摩擦係数の下がった駅は、駅員さんが守ってくれないと、危ないのでしょう・・・。そんな駅員さんたちのおかげで、ひとは流れて、ひとはたどり着き、ひとはまた旅に出ることが出来るのです。 さて夕方からはスタジオでレコーディングをして、ミックスし、ひとまず1作品アップしました。 「マザリング・エクスプロージョン2008」 NEXTMUSIC 松岡宮試聴のページ →  制作にはいろいろ苦労があり、お聴き苦しい点も多々あろうかと思いますが、多くの方々に聞いていただけるとうれしいです。 ♪