駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

いろんなことが通り過ぎて、もう花は散る

なにごともないない日々です。

★元・元・元職場に遊びに行った。

その職場は東京都の北西のあたりにあるが(23区ではない)、そこに行くと、明らかに花粉症がひどくなる。

電車の駅を降りたとたん、頭がガンガン、鼻はタラタラ、なにより意識状態の質が落ちて、もうろうとしてくるのだ。

・・・あそこに通っている仲間は大変だな・・・

・・・・・いや、毎日通っていると、脱感作で治るのだろうか・・・・?

などと、もうしまいには花粉症のことで頭がいっぱいだった

しかしここに行くときには、長い時間JRの車掌さんに逢えるので、

それも楽しみのひとつである

★このブログでも告知しましたが、くつしたさんのイベントとhibaさんのイベントに行ってみました。

くつしたさんのほうは、夜の恵比寿ってすごく都会!って感じがして、わくわくしました。ライブハウスもタテノリ系なのかな、都会的で、音に迫力があったですね。ランアカサカを思い出しました。自分も作品づくりで悩むのだけど、悩んでいないでとにかく作ろう!なんて思いました。

hibaさんイベント(天窓@高田馬場)は、葬儀屋さんとお坊さんのコラボがすごく良かったです。伝わるものがありました。メメントモリ、というのか、なんというか、生きなくちゃいけないなという気分。

★友だちのお母様のお通夜に行きました。なんかもらい泣きしてしまいました。

★新しい制服になった東急の、駅員募集のポスターがすごい!気弱系です!また機会をみつけてアップしますね。

JR東日本のサービススタッフ募集のポスターもなかなか素敵でした。こちらは美制服系・・・。

メールマガジン「月報・松岡宮4月号」発送しました。届かないよという方や、購読希望の方がおられましたらhql01005@nifty.ne.jpまでメールください~。

そこにも書きましたが、3月7日の60分ライブのDVDを、希望者に無料で差し上げています。

★そんなわけで・・・とりとめなしなしくしゃんくしゃんずるずるるるるうううう・・・。