駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

映画ビデオをたくさん観ました

今日は確定申告も終え、下のエントリをアップして、なんか仕事する気が起きず、いままで行ったことのない喫茶店に行ってみました。

お客さんのいない喫茶店でした。店主のおば様と向かい合ってふたりきり、気まずい感じで手作りサンドイッチをいただきました。漫画雑誌はヤンジャンのみ、置いてある新聞は東京新聞のみ、という、なにやら不思議なお店でした。

家に帰ってきてからは、先週、父のところに行ったついでに、父の家に山々と積まれたビデオをいくつか借りてきて、夕食時に観ています。

わたしは本当に映画もTVも観ない人間なのですが(小説も全然読まないです・・・)、少しずつそういう映像世界にも慣れてきたかな・・・?

★帰らざる川  マリリン・モンローが出ているものです。歌は昔から知っていました。ぼんやり観ていたせいでストーリーがよくわかりませんでした。

★シャーロックホームズ   ドラマかな?1時間ものが2本入っていました。水戸黄門みたいな歯切れの良い展開で、おもしろかったです。

ワーキングガール   何より感激したのは、白鳥英美子バージョンで大好きだった歌「レット・ザ・リバー・ラン」の原曲が聴けたことです。ストーリーは、ここまでガツガツと上昇志向を出さないといけないのかな、女性が働くということは・・・アメリカでは・・・なんて思いましたが、誇張されているのかもしれませんね。

フォレスト・ガンプ  これも歯切れの良い展開で、つい全部いっきに観てしまいました。ジョン・レノンが出てきたりして、びっくりしました。

まだまだ何本もあるので、見尽くせないほどですが、楽しみになってきました。