駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

強風に車掌が飛んでいる

いやはや、冷たい風の強い日でした・・・。

寒がりなわたしには厳しい天気・・・。

わたしは仕事に出たり、夕方は仕事で使うものの買い物に有楽町へ行ったりして、脳トレのCDとか衝動買いしてしまいました。

有楽町に新しいビル「イトシア」が出来たのは知っていましたが、地下街も出来たようで、さっそく潜り込んでみました。ドーナッツのお店はすごい行列でしたが、そのほかのカフェはそれほど混んでもいなくて、ひとりでふーっとお茶でもしようと思いつつ入ったら、しっかり一食分くらいいただいてしまいました(最近こんなふうに、ケセラセラーな日々です)。ちょっと値段が高いです・・・・。

家に帰ってから、またいろいろ食べてます・・・ちくわぶの衝動食べとか。

強風で車掌さんが飛ばされたという記事を見つけました。→ 

強風に飛ばされた車掌さんや駅員さん、たくさんいるに違いない・・・。

ときどき、とても軽いひとがいるのね、車掌は。

ああ、どこまで飛んでいってしまったのかしら、車掌は。

と、見上げると、空にふわふわ浮かんでいるJRの車掌の、群れ。

自力で戻ろうとしている!!歯を食いしばって、風に耐え。

(それは夢のような風景、空にいくつもの車掌のすがた)

風船のように、遠く、高く、旅をしてきたのですね、身軽な車掌は。

京急の駅員さんの制服が替わるそうです→

京急も引き締まったライトブルーとストライプのネクタイが印象的な制服でした。なくなってしまうのは寂しい気がしますが、今度の制服も濃紺で、イメージカラーが「シャッ」と入ったなかなか素敵なデザインです。京急らしいさわやかさ、清潔さが守られますようにと祈っています。

あしたはちょっと仕事を軽めにしてゴロゴロしたいと思っています。ロストジェネレーションって呼ばないで(意味不明)。