駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

濁点だらけの車掌さん

最近は自宅とか事務所にこもって作業することが多かったので、なかなか駅員さんに出会えません・・・。

たまに道でみかける東急トランセ(バス)の運転士にさえ

ドキンとしてしまう しまつ・・・・

禁断症状か・・・

いや、東急トランセも、なかなかステキなのですけど。

それで、わざわざJR線に乗ってみました。

わずか一駅ですが、向こう側のホームから滑り出す列車の車掌さんの

マスクの端正な横顔などを拝見できて、

ああ、JR東日本の駅員さんはいいなあ・・・・と。

ゴボゴボゴボボ・・・

風邪をお召しなのでしょう か

マスクの車掌のアナウンスは 少しだけ 彼の横隔膜で 反響する

 げぐげぐ ぐぐぐぐ

  ぐほぐほ ごごごご

次の駅は・・・

・・・ガ行!!でしょう!!

ああ、車掌の病んだ胸から出発するよ、濁点のついた単語たちの群れ・・・

そのこだまが

内言のように

彼に 響きわたる

息が、熱い。

濁点だらけの自分の吐息を自分で吸い込む、そんな気分はいかがですか?

わたしなら、改めて、この社会で生きて行く決意が固まりました(大げさ)。