駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌の身体に風、触れる

ドア 閉めます・・・

と 

めずらしく能動態の用語で

まっすぐな背中の車掌がボタンに手をかけた

瞬間・・・・

ダダダダダダダダダ!

それは 背後に誰もいないはずのプラットホームなのに・・・・

透明なこどもたちドタドタと

100人の透明なこどもたち駆け込み乗車している

わあ車掌さん車掌さん乗せて乗せてと

車掌のおしりにさわったり

車掌の肩まで登ったり

車掌さんっ!

たくさんの見えないひとびとが車掌に向かって風を起こす

車掌はそれに気づかないのね

車掌のジャケットひらりめくれて

はい、閉めます。

しゅ~。

・・・と その瞬間

透明なひとびとはすっと消える。

なんだ、100人のこどもたちは車掌をからかっていただけだった

のね

★   ★

下で書いた梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」は東京駅ちかくの丸善でやっと買えました。ここでは新書の3位になっていました。すごい平積みになっていました。わたしの住む街には一冊もなかったのに・・・。で、電車の中であっという間に読みました。

わたしのように大きな組織になじめないものには「けものみちを探せ、行け」といった勇気づけられる言葉もありました。日本は小さな事で足を引っ張り合ったり欠点を見つけたりする習慣があり、わたしも自分に自信がないばかりに過剰な自己卑下に陥ることも多かったのですが、そういうのは良くないな・・とあらためて思いました。

いま自分はいろんな意味でマイノリティであり、それは弱点のようにみえるのですが、実はたいへん恵まれたことなのかもしれないと、だからこそ発信しつづけてゆきたいし、前向きにあるべきなのだと感じました。

むんむんむん。

元気になってきました。

★  ★

さてそんな気持ちを強めてくれる仲間たちからの告知?イベントなどの話題を2件ほど。

一件は、今週の「週刊新潮」結婚欄にも載っている詩人の桑原滝弥さんと講談師・神田京子さんの結婚記念イベント(・・・最近多いな・・・)が、明日土曜日に築地本願寺ブディズムホール(だっけ??)であります。行けるかな・・というところですが。桑原さんは年も同じでお世話になっています。おめでとう~~~★

もう一件はハナケンゴさんのプロデュースの芝居です。この方々こそ、マイノリティの生の肯定といった印象を持っています。生きていてもいいんだなって思えます。ケンゴさんからのメールを転載しておきます。

もうすぐハナケンゴプロデュースのお芝居がありますよ!告知させてくださいませ!

今回、僕は作・演出・美術・衣装に大挑戦してます!出演もちょこっと。命かけてます!今まで生きてきた集大成!なのでゼヒゼヒ観にきて欲しいです!百聞は一見にしかず。出演者は超豪華!

役者のみならず、ダンサー、トランペッター、パントマイマー、大道芸人ドラァグクイーン、音楽家、ストリッパー、歌手、アーティスト、などなど東京のあらゆるジャンルの先鋭たちを一同に集めました!様々な文化が交じる時、まだ誰も観たことのない新しい文化が生まれる!アメイジング

さらに東京のみならずカナダ、モントリオールから役者アンダース・イエーツ、バーレスクダンサー、ミス・シュガープスまで出演!この秋、国境、性別、年齢を飛び越えたスペシャルSHOWが誕生します!詳しくは特設サイトhttp://www.forbidden-z.comをチェックしてね!ブログや詳しい出演者のデータなど盛り沢山の楽しいサイトだよ!もうすぐYOU TUBEでもCMを流す予定♪

〔ハナケンゴのFORBIDDEN ZONE〕

場所・森下ベニサンピット(都営新宿線。新宿から15分くらい)ステキな劇場です!

11月21日/19:00(プレビュー)

22日/19:00

23日/13:30/18:00

24日/13:30/18:00

25日/14:00

前売り3200円 当日3500円 プレビュー2000円!