駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

中央線コレンポンデンス

中央線

バーミリオンが帯にだけ残された銀色の車両

あたらしいもののにおいだ・・・・

シックトレイン症候群

わたしを乗せて・・・・

 武蔵小金井 吉祥寺  西荻窪・・・と・・・・

疾駆トレインまっすぐに

新宿 刺しに 走っているとき・・・・

ああ、いまわたしの体を、一駅あたり3名程度の駅員が通り過ぎる

 まいど ご乗車 ありがとうございます

 こんにちは ご乗車ありがとうございます

 さよなら ご乗車ありがとうございます

といったふうに・・・・

わたしのからだは串になる

中央線に乗っていると そうなのだ

  荻窪 阿佐ヶ谷 高円寺・・・・・

わたしのからだに向かってきては通り過ぎる美しい体の鉄道員の群れ

白い手袋がまずわたしの胸もとに触れて・触れて・は・去り・して・また触れる

アノニメーション駅員さん

スタンドスティール駅員さん

誰かを刺しに

日暮れどき

帽子をかぶってやってくる もの・・・

 きょう 何名の駅員と出会っただろう

 そして 何名の駅員が わたしの体を去っていったのだろう

・・・もう 我慢できないよ と

・・・マイケルはジェニーの衣類をはぎ取った

・・・ジェニーのブラウスのボタンは飛び散り、たわわな乳房が芦原となった・・・

・・・いや、あわら じゃ ないな・・・・

 わたしのからだはすっかり乾いてしまって

 駅員さんが通る用水路だけが

 かろうじて

 イキ