駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

JR東日本の仕立て屋さん

街は総裁選の話題で花盛りですが、

アエラ先週号(安倍さんが表紙の号)にあった、麻生太郎の記事がすごく印象に残りました。

どこが、というと、麻生太郎のスーツへのこだわりです。

麻生太郎の、政策や顔などにいろいろ言う人でも、スーツを着たときのスタイルの良さについては同意していただけると思います。

やはりそれにはこだわりがあるようで、多少窮屈でも細身に見える英国調にこだわっておられるようで、体型が変わらないように努力されているとのこと。そして、足元のすそには小さな鉛玉をたくさん埋め込み、その重みでひっぱられることで、立ったときの姿が美しく見えるような工夫をこらしているとのことです。

そのとき思ったのは、JR東日本の駅員の立ち姿の美しさ・・・・でした。

彼らもわりあいとピチっとした制服をお召しで、いつもスラックスのノリがきいて、まっすぐで厚みと力を感じさせる美しい立ち姿です・・・。

などと思ったら、それを見たいわ!と思い立ち、みどりの窓口にわけもなく行ってしまいました・・・。

ああ、まだ東京は暑いのに、ジャケットをお召しのグレイの駅員、肉付きの良い尻を美しいジャケットのすそにかくして、駅員備え付けの家具みたいに調和している・輝いている・・・・

いいなあ。

  お客様 行き先はどちら・・・・

いいなあ。

   お客様 本日のご出発ですか・・・・

うぬぬぬ。

・・・もしやあなたの足のすそにも 鉛の玉が入っているのかしら?

と 

ついつい足元を 見てしまいました。

★もうあさってですが火曜日にお笑いイベント「東京パセリ」にゲスト出演します。

中野Studio twl というところです。 →  http://www.twl.co.jp/studio/

共演者さんたちもなんだかアツイな~~って感じ、おすすめです。

お時間がございましたら遊びにいらしてくだされ。