駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌が開いていました

今日のJR東日本の車掌は

ふわり 降りてきた 身軽な天使のようだった

色黒、細身、の、車掌が、

カルリ・カルリと、発車メロディーを鳴らす

誓いのオルゴールがリンリンと・・

 カ ケ コ ム ナ ヨ !!

車掌のメッセージを伝える・・・・

 さて、車掌室をみると、

 その車掌のカバンが全開になっておいてあった

 一見して、非常になんというか、ものが多く、雑然としたカバンの中身だ

   車掌の中身が開かれているわ・・・・ 

   はがれかけのステッカーがある

   キャンパスノートがある

   なにやらチラシとか紙とかプリントとか冊子とか

   それから京急グッズのペン

   奥のほうには1リットルのペットボトル(・・・あのアタッシュによく入るなあ・・・)

   漫画の雑誌 1冊

   ダイヤグラム

   財布が見えるよ、あぶないよ。

   手帳。

   それから

   名札!

   

     ・・・彼が身軽なのは  名札をカバンにおいてきた から。

     だったの ね。

     ああ、なんと、名もなき車掌の、

     駅名案内を いま 聞いている

     のか。

   

★ある事情で今週一週間は缶詰になって専門学校の授業を受けております。いわゆるスクーリングですね。早起きなので身体に悪いなあと思いつつがんばります。